今日の太陽2017/12/03

20171203太陽
昨夜から今朝にかけても曇っており、朝からゆっくり回復するいつものパターンでした。

20171203太陽リム
左は11:20過ぎの太陽。活動領域は見えません。右下リムのプロミネンスも見えなくなりました。右上に断片的なフィラメントがあり、その一部がプロミネンスとして見えていました。しばらくはおとなしい太陽でしょうかね…。

宵空でダイヤ富士と天宮1号を観る2017/12/03

20171203ダイヤ富士
夕方雲ひとつなく晴れ上がっていたので、ダイヤモンド富士見物に近くの公園へ行きました。2016年1月10の記事にも書きましたが、自宅から徒歩1分のところで楽しむことができます。本当はこの公園でのダイヤデーは昨日でしたが、昨日来てみたところ雲が多くて富士山が見えませんでした。今日はダイヤポイントがずれるため別の場所に行きたかったけれど、直前まで用事があって移動時間が確保できませんでした。

日曜の公園は子どもたちや家族連れで賑わっていましたが、遊びに夢中で夕空なんか気にしてるのは自分ひとり(笑)。孤独に苛まれながら機材を組み、街中に降りてきた太陽を捉えます。そのわずか数分後、富士の左裾野のシルエットが見え出しました(左画像)。最終的に太陽が消えたのも左裾野でした。空気がくすんでグリーンフラッシュは確認できませんでしたが、もっと気温が低く大気が透き通ってくれたら、街中でも問題なく見えることもあります。

さて、調べてみると今夕に「もうすぐ地球に落下する天宮1号」が見えることが分かりました。薄暮が終わらない時間帯の空で2等台なので見えるかどうか分かりませんが、せっかくダイヤ富士用にカメラ一式用意してあったので、自宅へ戻ってそのまま1時間待つことにしました。

Heavens-Aboveの予定時刻通り、北極星のかなり下のほうを天宮1号が通っていきました。見た目は北極星より明るく感じました。下A画像は5秒露出+1秒休みの繰り返しで、衛星が地球の影に消えるまで追ったもの。B画像は主な恒星などを書き込んであります。右後ろから満月が煌々と空を照らしていましたが、どのみち光害が強い方向なので変わりません。

今週は日本各地で天宮1号が夕刻に見えそうです。見え方や位置、光度は観察場所によって大きく変わります。前述のHeavens-Aboveサイトを十分活用してください。

  • 20171203天宮1号

    A.2017年12月3日・天宮1号の軌跡
  • 20171203天宮1号

    B.2017年12月3日・天宮1号の軌跡(文字入り)


参考:
2018年春に落下予想の「天宮1号」に関する記事(ブログ内)

大きな大きなOak Moon2017/12/04

20171204_18001月
昨夜から今朝にかけてはとてもよく晴れて、透明度の良い空でした。日付が本日4日に変わってすぐの頃に満月を迎え、初冬の月見としては最高の条件です。

左は4日0:47過ぎに撮影した満月。太陽黄経差180.01°、撮影高度は65°弱、月齢15.17です。南中を少し過ぎたころなので高高度で撮影でき、冬の悪いシンチレーションも多少回避できました。2017年11月の満月時に紹介した北極探検家ロバート・ピアリーさんのクレーターなども確認できます。

約1年あまり前の2016年11月14日は2016年で一番大きな満月でした。「68年ぶりのスーパームーン」などと騒がれましたね。昨夜の満月も2017年ではいちばん大きいです。ただしスーパームーンと呼ぶにふさわしいかどうか微妙なところ。アーカイブ「大きい満月」を調べたとき作った1900年からの200年間の満月比較リストによると、昨夜の満月は地心基準で253位(視直径:33′22.13″)、茨城県つくば市における測心基準では34位(視直径:33′51.9″)。真夜中の南中前後に満月…つまり観測者が最も月に近い位置で満月になったのが幸いして、測心比較ではかなり上位でした。でもスーパームーンを冠するなら、せめて20位くらいに入ってほしいですね。

2017満月大小比較
右は今年最小だった6月9日の満月と比べた画像。もちろん同じ機材で縮尺を変えずに撮っています。半分に切って上下に並べるとこんなに違うんだってビックリしますよね。これは地上で撮影していますから、測心(観察地中心)での比較です。一般に報道などで流れている情報は地心(地球中心)の値なのでお間違えなく。

また満月の瞬間は(月食にならない限り)月の北側または南側のどちらかが必ず欠けています。右画像を見ると6月の満月は南側(下側)、昨夜は北側(上側)がわずかに欠けていることが分かりますね。こういう差異を見つけて楽しむのも一興ですよ。なお来月2018年1月は2日と31日の二回満月があるため、31日は「月間重複のブルームーン」となります。また31日の満月は皆既月食となります。ブルームーンなのに赤銅色の皆既月食が見られるなんて、何というレアな状況…。

さて、実はこの満月の側におうし座のヒアデス星団がいました(下A・B画像)。北海道北部ではアルデバランが月に隠される掩蔽現象が起きています。プレアデス星団やヒアデス星団などおうし座の星々は月の通り道に近いため、接近や掩蔽が起こりやすいのです。 来年2018年にもいくつか掩蔽が予定されていますが、中でもグレージング(接食掩蔽)を起こすおうし座の恒星(4等星以上)が、B図の文字で示した4つの星です。このなかで肉眼二重星であるθ1・θ2は日本で昼間の時間となるため観察できませんが、残り2つは大丈夫。アルデバランは2018年1月27日19時頃、δ1Tauは2018年11月24日2時頃で、どちらもかなり高高度です。楽しみですね。

  • 20171204月とヒアデス

    A.満月とヒアデス
  • 20171204月とヒアデス

    B.満月とヒアデス(文字入り)


参考:
アーカイブ:月の形(黄経差180度以上、216度未満)

今日の太陽2017/12/05

20171205太陽
昨日から今朝にかけては曇りときどき小雨、明け方には濃霧となりました。朝からは霧が晴れ、良いお天気です。

20171205太陽リム
左は11:40過ぎの太陽。活動領域はありません。右上リムにやや立派なプロミネンスが見えました。これもまもなく裏側へ行ってしまうでしょう。太陽はもの悲しい状態になりますね…。

地球が近日点を通過するのは来月1月3日。太陽の視直径はかなり大きくなりました。