エケクルスが彗星状になってきた2017/12/12

20171211エケクルス彗星(174P)
昨夜から今朝もよく晴れましたので、月が出る前に彗星をふたつ観察しました。

まず、大増光している真っ最中のエケクルス彗星(174P/または小惑星エケクルス)。「彗星・小惑星遷移天体」であるこの天体を、日付が12日に変わる前に撮影。動きがゆっくりなので、今回は思い切って1時間露出です(左画像)。彗星位置基準コンポジットですが、さすがに動いているのが分かりますね。

9日夜の撮影では恒星状の像でしたが、今回はデジカメのモニタでも「ふわっ」としているのが分かりました。明らかにコマが広がっており、ひょっとしたら尾を伸ばすのでは、と期待が高まります。姿が彗星と小惑星とを行ったり来たりするのが面白いですね。

20171212パンスターズ彗星(C/2016 R2)
お次はパンスターズ彗星(C/2016 R2)。エケクルス彗星とさほど離れてないので、望遠鏡の姿勢を変えずに撮影できることはとてもありがたい。こちらも1時間露出です(右画像)。途中1コマだけシャッターエラーがあって抜けています。

残念なことに恒星像に重なってしまったことと、近くの明るい恒星のゴーストの影響がかかってしまってる可能性がありますが、今回も青紫色の広がりが分かりました。もっと明るくなって欲しいですが、そろそろピークでしょうかね。エケクルス彗星のように大バーストしない限り、期待薄でしょう。コマ(または尾)の広がり方が奇妙な方向に感じるのですが、光害地からの観察では淡い部分がよく分かりません。

ふたつの画像は上方向が天の北、上下画角は約0.7°、彗星基準のコンポジットです。

参考:
パンスターズ彗星(C/2016 R2)に関係する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック