穏やかな夜に彗星観察2017/11/21

20171121パンスターズ彗星(C/2016 R2)
昨夜から今朝にかけて穏やかに晴れ、落ち着いて彗星観察ができました。少し透明度は落ちていましたが、特に夜半以降は雲が全くありませんでした。

まず、19日に妙な色で写ったパンスターズ彗星(C/2016 R2)に望遠鏡を向けました。機材類は一緒ですが、露出を倍に伸ばしました。前回ほど青白くはないものの、色彩強調するとやはり青成分が多いですね。うむむ、もう少し明るくならないかなぁ…。

20171121アサシン彗星(C/2017O1)
お次は北極星に6.5°まで接近したアサシン彗星(C/2017O1)。こちらはいつもの通り(?)エメラルドグリーンのコマがまだしっかり広がっています。なかなか息の長い彗星ですね。

我が家からの北天は住宅や街灯の直接光もあって光害カブリが特に多いのですが、明け方近くに撮ると多少マシになります。北極近くだと何時に撮っても高度も方位もあまり変化がないので、いちばん光害が少ない時間にすることができるのです。

20171121紫金山彗星(62P)
ラストは紫金山彗星(62P)。今回はしし座の後ろ足にある三連銀河と一緒に撮影しました。ここ数日は銀河の3°くらい南側を通過中で一緒に撮りたかったのですが、天気が思うように行きませんでした。やっと撮れて大満足。

左画像は右方向が北になります。銀河は画像右側、そして彗星は画像左側で緑色に光っていますね。他にも小さな銀河がたくさん写っていますよ。この撮影だけ上のふたつと機材が違い、より広範囲を撮影しています。左上の輝星はιLeo。撮影終了時点で天文薄明開始となりました。

それにしても三つも彗星を撮ると、下処理だけでたっぷり4、5時間はかかります。撮り終えてすぐ処理を始めたとしても、ある程度仕上がった像を目にするのは昼頃になってしまいますね。途中の調整も必要だから全自動で処理することも不可能。天体撮影というものは実に手間暇かかり、根気が要るものですね…。

参考:
パンスターズ彗星(C/2016 R2)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2017/11/21

20171121太陽
昨日は雲が多く、県内の一部で雨が降ったようでした。夕方からゆっくり回復、夜には晴れました。今朝からも穏やかに晴れています。今朝方は氷点下にならなかったせいか、前日朝より幾分暖かく感じました。

20171121太陽リム
左は11:30前の太陽。大気が揺れ動き、像が甘いです。活動領域12687は中央を過ぎ、また12688は右リムに到達しました。中央やや左下に大きく長いダークフィラメントがあるのですが、この撮影ではうまく取り出せませんでした。これは19日の撮影で左下に見えていたものですね。今日は左上のプロミネンスが光球へ入ってきたようです。

三日月・土星・水星が並ぶ夕空2017/11/21

20171121月・土星・水星が整列
午後の通院が終わる頃にはもう日が暮れて、西が夕焼けに染まっていました。出がけに重たいデジカメをカバンに忍ばせ、三脚も持参しました。そう、帰りに寄り道をして三日月を撮りたかったのです。

どちらを向いても低空まで雲が全くなく、素晴らしい透明感。街並みの上にはもう月が輝いています。今日は月の下に土星と水星が見えるはず。でもタイミングが遅いと惑星は低空にかき消えてしまうでしょう。私は病気のため徒歩移動すらおぼつきません。でも17時を過ぎると水星の高度は5°を下回り、また低空まで見える場所を探すのもなかなか大変。時間との勝負ですね。怪我をしないよう慌てずに歩きながら目で『ロケハン』し、同時に空の暗さや前景とのコントラスト、そして撮影条件を頭で計算してゆきます。

そうして撮ったのが左写真。撮影時の月齢は2.86、土星は中央やや上の輝星。水星は右下の木々のすぐ上にいます。水星は24日に東方最大離角を迎えますから、今が見頃ですね。他にも細かな星がたくさん写っていますよ。当地からこの方向は航空機の航路になっていて、飛び交う飛行機を避けるのに苦労しました。

昨日は三天体がもっとコンパクトに集っていたはずですが、当地では雲が多く見えませんでした。今夕見ることができて本当に良かった…。撮影できたことはもちろんですが、目で見た生の景色の美しさときたら…。まさに至福のひとときでした。撮影を終え、ふと北東を見ると低空に虹星カペラが輝き始めて、惚れ惚れするようなカラフルさ。今夜も素敵な星空になりそうです。