妙な色の尾を伸ばすパンスターズ彗星2017/11/19

20171119_パンスターズ彗星(C/2016 R2)
昨日は朝から小雨模様で、夕方近くまで降っていました。日付が今日に変わって2時間ほど経つと雲が取れてきたため、明け方に撮れそうな彗星を撮影しました。

まずオリオン座の一角に輝くパンスターズ彗星(C/2016 R2)。この彗星は12月から1月にかけて11等台を保ち、当面楽しめそうな天体です。今回が初撮影ですが、画像を仕上げてビックリ。尾が青白いのです。別に特殊にフィルターを使ったわけでもないし、特殊な画像処理をしたわけでもないのに…。この独特の青みは何だろう???

かなり広がってるのでダストテイルに見えますが、ダストでこんな色にはなりません。実はイオンテイルのみが発達している?うーん、しばらく様子を見てみましょう。

20171119_ハインゼ彗星(C/2017 T1)
お次はハインゼ彗星(or ハインズ彗星/C/2017 T1)。三日前の撮影のときに暗すぎて写りが悪かったたため、露出を倍にして恒星と分離させようと試みました。

ところがなんと近くの恒星像に重なってしまい大失敗。辛うじて核が見えていますが、尾はダメ…。まぁ「彗星撮影あるあるネタ」なんですけどね。めげずに、また次の機会にトライしましょう。ここまでやって、もう薄明開始となってしまいました。せめてあと30分早く晴れてくれたらもうひとつくらい彗星撮れたのに…。

いずれの画像も彗星位置基準コンポジット、上方向が天の北方向、上下画角は約0.7°です。明け方は時折4m/sを越す風が吹き、像が甘くなっています。

コメント

トラックバック