2017年の「中秋の名月」です2017/10/04

20171004日没直前
今日は2017年の中秋の名月。10月に名月がずれ込むのは2009年以来のこと。次回、10月に名月となるのは2020年となります。なお今夜は満月ではありません。直近の満月は明後日6日明け方です。

夕方に青空が8割ほど広がっていたので、今夜は名月が見えるかと期待。左のようにベランダから夕日を見送ったあと、すぐに近くの見晴らしよい場所へ徒歩移動することにしました。ところが移動中にもう雲が広がり始めました。家を出てからロケーションを決めてカメラを準備するまでのわずか20分の間に、西にあった雲が東の名月近くまで来ています。

20171004名月
慌てて何枚も撮影。ものの5分と経たないうちにすっかり雲に隠れてしまいました。それでも、わずかな時間に薄暮を照らし出す月を堪能できました。パキッと晴れ渡った夕空の名月も素敵ですが、雲が少しかかった朧気な月もまた素晴らしい。

3月上旬と10月上旬は、日没から真っ暗になるまでのスピードが年間で最も速くなります。(→参考記事・グラフD参照。)これはどなたでも体感できるほどハッキリした差です。遊び足りないこどもたちには悲しい季節でしょうが、名月を待つ人はさぞ嬉しいことでしょう。

(夜中追記)月が高くなったら拡大撮影しようと思っていたのですが、夕方見たっきりずっと雲に覆われてしまいました。

日付が5日になった頃に少しだけ雲が斑になって、隙間から月がチラホラ。まるで文部省唱歌の『つき』のようです。また出た、月がぁ…。ということで、すかさず撮影しました(下左画像)。薄雲が通過していますが、20枚コンポジットして均しています。まだ満月前と言うことで、左側が欠けていますね。月面A付近はすっかり明るくなっていますが、「東の海(オリエンタレ盆地)」に日が差すのはもう少し後のようです。このときの月周囲は下右画像の通り。雲によって光環ができていました。

そう言えば前出『つき』の二番は「隠れた 雲に 黒い黒い まっ黒い 墨のような 雲に」です。今夜見上げた名月を隠す雲が初めて見るような茶色みを帯びた奇妙な色をしていました。習字の墨と言うよりも、セピア、つまりイカ墨に近い色で、不思議な感動を覚えました。

  • 20171005名月
  • 20171005名月


参考:
アーカイブ:伝統的七夕・中秋の名月の一覧


コメント

トラックバック