台風一過、小惑星フローレンスとASASSN彗星を観察2017/09/03

20170902夜・小惑星フローレンス
9月1日夜に地球へ約700万kmまで接近した小惑星フローレンス(→参考記事)。接近当日に見たかったのですが、当地・茨城は台風15号の影響で雨が降ったり止んだり。星空は少しも見えませんでした。1日経った2日夜は天気が早めに回復、しかも冬のような透明感のある星月夜となりました。さっそく機材を組み立て、フローレンスを撮ってみました。

左画像は6cm屈折で30秒露出+30秒休みで25コマ撮影し、コンポジットした画像。画像上が天の北方向で、北北西に向かうフローレンスが明るい点線状に写っています。上弦過ぎの月が南側約34°のところに輝いていましたが、何の問題もなく写りました。

20170902夜・小惑星フローレンスの明るさ
右画像は、左上画像のコンポジットに使った最初のコマ中央を原寸大トリミングしたもの。フローレンスが移動方向へ楕円に伸びていることが分かるでしょうか。わずか30秒でも移動するのですね。付近の主な恒星に等級を書き込みました。これらと比べればフローレンスは9等星前半であることが分かるでしょう。

小惑星フローレンスは2日21時でもまだ716万km、3日21時でも745万kmの距離で、かなりゆっくり遠ざかります。満月期ですが月から離れてはくちょう座を北上しますので、10等以下になるまで一週間くらいは難なく追いかけられそうです。

20170903二重星団
良い空ですから明け方に彗星でもと思いましたが、月が沈んで少し時間が空くので、リファレンスとして二重星団を撮影しました(左画像)。フローレンス撮影と同じ機材です。

夜半過ぎまで月明かりがあっても天の川がなんとなくたどれましたので、かなり透明度は高かったのでしょう。光害地から宇宙を観察するのに、こんな夜は貴重です。アンドロメダ銀河が肉眼で見える夜にカシオペア座とペルセウス座の境界を見ると、間違いなく二重星団も肉眼で見えます。

20170903_アサシン彗星(C/2017 O1)
さて、お目当てのASASSN彗星(C/2017 O1)に望遠鏡を向けたのは3時頃でした。右画像は約30分露出、彗星位置基準コンポジット、上方向が天の北方向、上下画角は約0.7°です。8月25日にも撮影しましたが、雲に阻まれ消化不良気味。今朝は全く雲が湧かなかったので、心置きなく露出できました。

驚いたことに、ものすごく明るくなっています。しかも緑色のコマがかなり大きい!西南西向きに短い尾も確認できました。発見から1ヶ月半も経ってないのにこの成長スピード。3月ごろのジョンソン彗星(C/2015 V2)を彷彿とさせます。もう8等台に入ったかな?

約1ヶ月半後に光度のピークを迎え、上に掲載した二重星団の東側約20°のところを北上、12月にはすっかり暗くなりつつも北極星に2.5°まで接近します。向こう二ヶ月が好期ですから可能な方は観察してくださいね。下にステラナビゲーターによる11月までの星図を掲載しておきます。(※軌道要素は今日時点で最新のMPCデータを使っていますが、まだ発見後の観測期間は長くないので今後若干ずれる可能性があります。)

  • ASASSN彗星(C/2017 O1)星図・9月

    (A)9月
  • ASASSN彗星(C/2017 O1)星図・10月前半

    (B)10月前半
  • ASASSN彗星(C/2017 O1)星図・10月後半

    (C)10月後半
  • ASASSN彗星(C/2017 O1)星図・11月

    (D)11月



今日の太陽2017/09/03

20170903太陽
昨夜から今朝にかけてとても涼しく、目の覚めるような星空を拝めました。明け方に13度まで下がったので昼もあまり気温は上がらず、秋らしい空です。若干雲が出た時間帯もありましたが、概ね良い天気でした。

20170903太陽リム
左は14:40前の太陽。黒点が賑やかで良いですね。活動領域12674にある一番大きな黒点は目のいい人なら太陽観察グラス越しに肉眼で確認できるでしょう。私も昨日は見えませんでしたが今日はバッチリ見えました。右寄りの明るい部分が12675ですが、そのすぐ左下にも明るい領域が出てました。これは12676となりました。可視光では小さな黒点がたくさんあるようです。昨日に続き右上のプロミネンスが見事!左下のも発達してきたほか、左端に棒状に伸びたものが印象的でした。

明け方の空で金星とプレセペが接近2017/09/04

20170904金星とプレセペ星団の接近
夜半前は晴れが持っていたのですが、明け方にかけて雲が多くなってしまいました。でも時々晴れ間が思わせぶりに通ってゆきます。淡い彗星など時間がかかる撮影は無理ですが短時間で済む対象なら何か観察できそう…。微かな期待を胸に、タイミングを待ち続けました。

実はここ数日、明け方に昇るかに座のプレセペ星団と金星が接近しています。昨日朝に撮ろうと思っていましたが夜半前から撮影の連続で体力が続かずキャンセル。今日こそはと思っていたのです。

薄雲があったもののうまくタイミングを合わせ撮影したのが左画像です。明るいのが金星、対面にパラパラと星が集まっているところがプレセペ星団(M44)です。既に天文薄明が始まっている時間でした。雲で北極星が見えませんでしたが、何とかガイドがズレずに済みました。薄雲のおかげで金星の光芒が大きいですね。

20170904金星の光環
この薄雲による光芒のおかげで、「金星の光環」も楽しめました。右は別のショットから金星をトリミングしたもの。左側がノーマル、右側は色彩やコントラストをかなり強調しています。よく見ると二重目の赤いリングまで確認できますね。(※金星は明るいので条件さえ良ければもっと鮮やかに出現します。)時々この光環が地面に対して垂直方向に楕円に伸びることがありました。金星柱のような現象なのか、それとも別の理由なのか色々確かめようとしましたが、ほどなく雲に覆われてしまいました。

プレセペ星団は黄道から1°余りしか離れてない星団なので、黄道面から大きく離れない惑星や月、小惑星や彗星との共演を度々見ることができます。次に金星と接近するのは来年2018年6月20日前後の夕空。至近では今月17日明け方、細くなった月が5°ほど下側に並んで輝きますよ。

参考(いくつかの接近例):
小惑星ベスタが衝です(2017/01/18)
プレセペ星団に近づく金星(2015/06/10)
街角の星見会で空を楽しむ(2015/04/26)

新たな熱帯低気圧が発生2017/09/04


20170904-0900気象衛星画像
台風15号は北海道東沖まで北上し、昨夜21時に温帯低気圧へと変わりました。また台風16号も中国大陸に上陸後、今日9時に熱帯低気圧へ格下げとなりました。

入れ替わるように「台風になるかも知れない熱帯低気圧」が本日9時、ルソン島東沖に発生しました。左画像は9:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。赤点円は熱帯低気圧中心の直径1000km円です。

台風はハイシーズンを迎えていますが…立て続けですねぇ…。