NEO最大級の小惑星フローレンスが今夜地球に接近2017/09/01

最接近から約25時間後に撮影した小惑星フローレンス画像が9月3日の記事内にあります。どうぞご覧ください。

20170901小惑星フローレンス接近
小惑星とは惑星に比べてかなり小さめの太陽系天体ですが、それでも最大クラスのケレス(※現在は準惑星に分類)は平均直径が約940km、パラスが約550km、ジュノーが約250km、ベスタが約530kmと、数百kmオーダーの大きさを持っています。こんなものが落ちてきたら国家消滅の危機ですが、幸いこのクラスの大きさで地球軌道近くへやって来る小惑星は今のところ発見されていません。

でも、地球近傍天体(NEO/Near Earth Object)や地球近傍小惑星(NEAs/Near Earth Asteroid)リストの中には直径数kmから10km近くある天体がいくつもあります。その中でトップレベルの大きさを持つ小惑星フローレンスが本日9月1日21時(JST)過ぎに地球のそばを通過します。(→参考:NASAニュース)。左はステラナビゲーターでフローレンスの地心視位置を表示した星図。小惑星フローレンスの直径は約4.9km(JPL Small-Body Database Browserによる)とされ、実際の空では9等前後で見えそうですから、アマチュアの小型望遠鏡やカメラで観察可能です。しかも日本では最接近時に南中する絶好のタイミング。晴れている地方のみなさんはぜひご覧ください。(注意:みなさんの観察場所に応じて小惑星位置は星図位置からズレて見えます。星図はあくまで参考程度に。)また右下グラフは地心距離の変化を描いたもの。両図とも時刻はJST表記です。なお、一部報道でフローレンスが「小惑星最大級」と取られかねない表現をしていますが、あくまで「地球に近づく既知の天体として最大級」なのでお間違えないように。

ところで、接近する小惑星サイズは地球の脅威に直接関係するわけですが、その多くは数mから数十m程度の小さいものです。これでは地上の立派な望遠鏡でも直接大きさを測ることができません。測れないのになぜ数値が発表になってるか矛盾に思う方も多いでしょうが、簡単に言うと過去に測定できたものを参考にしつつ「見た目の明るさを測り、軌道や距離も計算し、直径を推定」しているのです。

小惑星フローレンスの地心距離
ただし対象天体・地球・太陽間の距離と光度(+スペクトル)だけで物体の大きさは分かりません。なぜなら、対象天体表面の反射しやすさで見た目の明るさは大きく変わってしまうからです。反射しにくい黒い天体なら直径は大きく、真っ白い雲に覆われたような天体なら小さく見積もらないと観測に矛盾します。月のような満ち欠けや、球形でない場合の自転による光度変化のズレなども考慮する必要があります。どれくらい小惑星が白いか黒いか、その理由まで知るには、組成や生い立ちを知る必要がありますので、たくさんの小惑星をできるだけ近くで(可能なら降り立って)調べる必要もでてくるでしょう。

接近小惑星の閲覧や計算ができるCNEOSサイトで直径の欄に幅があるのは、考えられる反射率(アルベド/albedo)に幅があるからですね。地球のアルベドは0.3程度、つまり照らす光の3割を反射しています。月なら0.1、金星はなんと0.9もあります。CNEOSの推定では最小直径の場合は0.25、最大直径なら0.05というアルベドを用いて計算するそうです。だから直接測定した直径でない限り、NASAなどが発表している小さい小惑星の大きさが間違っている可能性もありますね。あくまで推定であることをお忘れなく。現時点で発見された60万超の小惑星に対し、位置・サイズ・アルベド・スペクトルまでデータが出ているのはわずか4%程度です。

これまでフローレンス並みに「大きい小惑星」の接近はあったのでしょうか?気になったので1950年以降、今回のフローレンスまでの「推定最小直径1km以上の小惑星接近」を集計して下表に掲載しました。結構な回数ありますが、フローレンスほどの直径で18LD程度まで近づいたのは1989年の小惑星16960 (1998 QS52)ひとつだけですね。地球にぶつかることはありませんが、今夜の接近はとてもレアケースです。下表のフローレンス直径も固定値ではなく幅を持って書いてあるのは前述のような理由だからです。接近時に詳しい観測が成功すればより正確なサイズやアルベドが算出され、他の小惑星の研究にも役に立つことでしょう。

【地球に接近した大きい小惑星・1950年始-2017年9月調べ・接近日時順】
小惑星番号最接近日時(UT)最接近地心距離
(LD)
推定最小直径
(km)
推定最大直径
(km)
68346 (2001 KZ66)1953/11/06 6:5114.451.12.5
163051 (2001 YJ4)1954/05/26 22:3515.271.53.3
163243 (2002 FB3)1957/04/12 8:1014.111.33
87684 (2000 SY2)1957/09/11 8:2617.831.63.6
35396 (1997 XF11)1957/10/25 7:385.971.12.5
163243 (2002 FB3)1959/04/13 2:207.491.33
163243 (2002 FB3)1961/04/12 16:204.901.33
4450 Pan (1987 SY)1963/02/16 6:3316.0712.3
163243 (2002 FB3)1963/04/13 2:407.601.33
163243 (2002 FB3)1965/04/12 8:4014.671.33
136618 (1994 CN2)1965/10/05 13:3013.871.22.6
68216 (2001 CV26)1965/10/11 10:3313.681.33
66391 (1999 KW4)1966/05/26 7:5017.241.33
267494 (2002 JB9)1966/12/04 8:1413.011.83.9
136618 (1994 CN2)1967/08/12 6:5114.351.22.6
1566 Icarus (1949 MA)1968/06/14 20:3916.531.12.5
192642 (1999 RD32)1969/08/27 3:203.631.53.3
35396 (1997 XF11)1971/05/19 4:2712.331.12.5
31669 (1999 JT6)1973/12/14 19:3013.171.83.9
251346 (2007 SJ)1974/02/03 19:3418.511.12.5
12538 (1998 OH)1975/05/04 23:1514.481.84.1
2102 Tantalus (1975 YA)1975/12/26 8:1518.221.73.8
143651 (2003 QO104)1981/05/18 4:562.761.73.8
66391 (1999 KW4)1984/05/25 3:336.261.33
3671 Dionysus (1984 KD)1984/06/19 1:1011.861.33
16960 (1998 QS52)1989/06/12 4:5116.263.78.2
(2014 LJ21)1989/08/01 8:597.031.73.8
4769 Castalia (1989 PB)1989/08/25 4:2410.481.12.5
217628 Lugh (1990 HA)1990/04/06 9:4113.051.53.3
53319 (1999 JM8)1990/08/08 9:5513.032.45.4
4179 Toutatis (1989 AC)1992/12/08 5:369.402.35.2
1620 Geographos (1951 RA)1994/08/25 10:1012.9624.5
308242 (2005 GO21)1995/06/22 12:1817.941.33
140288 (2001 SN289)1996/03/17 19:017.451.22.7
4179 Toutatis (1989 AC)1996/11/29 22:5313.792.35.2
164121 (2003 YT1)1997/04/28 2:125.221.53.4
4486 Mithra (1987 SB)2000/08/14 8:1418.1124.5
66391 (1999 KW4)2001/05/25 23:3112.581.33
4179 Toutatis (1989 AC)2004/09/29 13:374.032.35.2
23187 (2000 PN9)2006/03/06 4:247.921.63.6
374851 (2006 VV2)2007/03/31 5:498.811.22.6
4450 Pan (1987 SY)2008/02/19 22:2115.8912.3
35107 (1991 VH)2008/08/15 13:0017.811.22.7
68216 (2001 CV26)2009/10/08 15:479.801.33
308242 (2005 GO21)2012/06/21 18:1517.111.33
214869 (2007 PA8)2012/11/05 16:4216.851.43.1
4179 Toutatis (1989 AC)2012/12/12 6:4018.032.35.2
251346 (2007 SJ)2014/01/21 15:3918.921.12.5
85989 (1999 JD6)2015/07/25 4:5518.8412.3
164121 (2003 YT1)2016/10/31 9:2513.531.53.4
3122 Florence (1981 ET3)2017/09/01 12:0618.3849

20121225-Toutatis
  • CNEOSサイトのデータによる推定です。
  • 同じ小惑星が複数回接近することもあります。
  • 日時は世界時表記なので、日本時間に直す場合は9時間足してください。
  • 接近距離の表記は1LD=384400kmが単位です。
  • 参考までに、表の下から5番目「トータチス/Toutatis」を最接近後の12月25日に撮影したものが右画像。月齢12の月明かりでしたが、M1(カニ星雲)の南を通過するトータチスが明るい線状に写っています。500mmF4、ISO2000、25sec×15枚で十分撮影可能でした。今回も同程度でしょう。


コメント

トラックバック