みちびき3号打ち上げ成功2017/08/19

20170819-142900JSTみちびき打ち上げ
当初は8月11日打ち上げを予定していた準天頂衛星システム「みちびき3号」が、二度の延期の末に本日14:29:00、種子島宇宙センターから打ち上げられました。左画像はYoutubeでライブ配信されたリフトオフ時のキャプチャ。ロケットは順調に飛行し、1717秒後に衛星を分離して打ち上げは大成功。今後軌道を変化させながら静止衛星軌道に投入予定です。(※みちびき1号・2号と異なり、8の字を描く準天頂軌道衛星ではなく静止衛星です。)

打ち上げの様子を「気象衛星ひまわり」が捉えていないか、14:30付近に撮影された画像を片っ端からチェックしました。ひまわりは赤外域の撮影もしますから、熱源があればエンジン燃焼中のロケットが写る可能性はありますからね。

20170819-053011UT気象衛星画像
右は14:30:11撮影の複数バンド(近赤外+赤外)を組み合わせて作ったもの(画像元:RAMMB/画像処理などは筆者)。バンド4とバンド8・9・10の該当位置付近に、直前の時間帯にない「熱を帯びた部分」と、弧を描くロケット痕のようなものが確認できました。これがみちびき3号かどうか断定はできませんが、たぶん合っているでしょう。(※天の赤道に向かう飛行経路として北に寄りすぎて見えますが、高度上昇まで考慮した三次元で考えればこの位置で矛盾しないと考えられます。)

いずれ機会があれば、実際の空で実物の輝きを捉えたいと思います。

参考:
準天頂衛星システムと「みちびき」シリーズの軌道(2017/08/13)
やっと捉えたみちびき2号、明け方には月と金星も(2017/07/21)

コメント

トラックバック