こんな暑い時期にオリンピック?2017/08/01

2017年・真夏日と熱中症(途中経過)
ジリジリ暑かったり、ジメジメまとわりついたり、突然豪雨に襲われたり…最近のこんな天気を目の当たりにするたびに、3年後の今ごろ開催予定の東京オリンピックが本当に良く考えられたものなのか疑問に思います。政治的駆け引き云々はともかく、純粋に気候とスポーツを見てみましょう。

まずは気象庁および消防庁のデータを使って毎年作っている「真夏日と熱中症搬送人数」のグラフ。左は今年2017年の途中経過です。(※過去のグラフはアーカイブ:真夏日と熱中症をどうぞ。)比較的涼しいと感じる夏でも梅雨が終わる7月半ばから爆発的に真夏日地点数が増え、早い年は梅雨入り頃から多くなります。今年は九州北部豪雨の1週前から300地点を越すようになりましたね。

このデータの盲点は地域特性が分からないこと。今年は西日本のほうが暑い傾向ですが、グラフからは読み取れません。オリンピックであれ高校野球であれ、県や市などの小さな範囲でスポーツや野外/屋内イベントを考察するなら、開催地での気温や湿度などを考える必要があるでしょう。

ところで、だいぶ前から熱中症の指針に挙げられているのが「WBGT」という値。単位は度で表しますが、気温そのものではありません。湿度および日射などの熱環境も併せた湿球黒球温度(Wet Bulb Globe Temperature)、通称「暑さ指数」というものです。以前に私は仕事上、児童施設の温度管理として積極的に取り入れていましたが、スタッフでも知らないという方が大半でした。環境省による解説ページがありますから、ぜひご一読ください。

数日前のニュースで、専門家が過去のWBGT値を検証して東京五輪の危険性を訴えた記事がありました。でもデータなどが載ってなかったので、前述環境省サイトで公開されているWBGTのデータを元にグラフ化してみました。使ったのは東京の2013年から2016年WBGT値データです。(※一部欠損があるため、グラフが完全でないところもあります。ご容赦を。またオリンピック関連のデータは公式サイトを参考にしました。)

  • WBGTグラフ1

    (A) WBGT日最高値の変化
  • WBGTグラフ2

    (B) WBGT日最低値の変化

まずは、日ごとにみたWBGT最低値と最高値の推移です。突出値を均すため、前後2日を加えた計5日間の移動平均で作図しました。ご覧のように、日最高値が厳重警戒レベル(28度)を越すのはどの年も7月中旬。だいたい8月下旬まで続くようです。日照は年によって斑があるので仕方ないですね。

では、厳重警戒以上のWBGTは一日にどれくらいの時間、実現したのでしょうか?また、何時頃が多いのでしょうか?これを描いたのが下の(C)図と(D)図です。

  • WBGTグラフ3

    (C) 暑さ指数が高いのは一日何時間?
  • WBGTグラフ4

    (D) 暑さ指数が高いのは何時ごろ?

人が熱中症になるのは必ずしも昼前後とは限りませんが、暑さ指数が「危険」レベルとなるのは(D)図を見る限り昼に集中していることは確かです。そしてその危険・厳重警戒のレベルが5、6時間以上も続く時期に、世界中のアスリートと観客を東京に呼ぶわけですね。「おもてなし」とは程遠い状況ではありませんか…。こういうことを考えるときは「都合の良い平均値」でなく、常に「最悪のケース+α」を想定すべきでしょう。例えば観客を競技場へ誘導するとき「たとえ暑くても、この順路を進めば徒歩10分だから大丈夫」と考えるのではなく、「順路が渋滞して逃げ道もなく、1時間以上も炎天下にさらされたらどうするか」「その時ゲリラ豪雨がやってきたら適切に避難できるのか」といった、災難が幾重も重なることを考えておかねばならないと思います。

いざ事故が起きたとき、「想定外だった」という言い訳は怠慢以外のなにものでもありません。素人でもこうしてグラフを書いて考察できるのですから、想定できないということは無いのです。前述した記事では、過去のWBGT傾向から「2020年は更に高くなる」と予測しており、ますます心配になりました。言うまでもありませんが上記は東京での例です。オリンピックを開催する全ての地方都市で、WBGTや晴天率、風や雨などを検証する必要があるでしょう。

関東南部にまとまった雨2017/08/01

今日の午後、関東南部にかなりまとまった雨が降りました。先週末の隅田川花火大会のときも結構降っていましたが、今日はそれ以上ですね。荒川系などのダムで水不足が心配されていますが、少しは潤ったでしょうか?下に気象庁サイトから降雨ナウキャストを引用し、12時から18時まで1時間おきの手動アニメーションを載せました。下部ボタンで降雨の変化をご覧ください。併せて、国土交通省関東地方整備局サイトに掲載してある、本日のダムの貯水状況も載せておきます。




【関東のダム状況】※平成29年8月1日0時現在
場所有効容量
(万m³)
貯水量
(万m³)
貯水率
(%)
平均値に
対する割合
(%)
利根川水系8ダム343493002687101
利根川水系鬼怒川流域4ダム15140107777181
荒川水系4ダム733345396266
多摩川水系1ダム18540147247998
相模川水系3ダム22118127205863


強大なノロノロ台風5号、どこへ向かう?2017/08/02


170802-1200気象衛星
南西に進行していた台風5号は「非常に強い台風」となりながら、7月の終わり頃から北西へ進路を変えました。そうこうしているうちに本日9時、台風11号「NALGAE/ナルガエ」が発生してしまいました。直前の台風10号発生から3日18時間後、消滅からは1日18時間後となります。5号発生からだとなんと12日経ったことになります。

左画像は本日12:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/地図・経緯線などは筆者)。赤点円は各台風中心の直径1000km円。また青緑線は熱帯低気圧時期を含む、5号が通ってきた経路。(※ちなみに当記事と関係ないですが、本日やっと北陸・東北地方が梅雨明けしました。左画像でも晴れ間が垣間見えます。相変わらず東北から北海道南岸に青緑色の海面変色が見えてますよ。→関連記事

ニュースなどで「5号は長寿」だと言われてますが、息の長い台風は年にひとつくらい発生してます。参考までに寿命が300時間以上の台風リストを記事末に掲載しました。1951年から去年2016年までの気象庁ベストトラックに記録された1726個の台風のなかには46個あります。下の(A)図はこの計算をするついでに、寿命の分布を調べたグラフ。多くの台風は50時間以上150時間以下あたりに収まるようですね。なお台風寿命は二通りの考え方があって、ひとつは発生から消滅までの時間、もうひとつは途中で一時的に熱帯低気圧に衰えた場合(いわゆる復活台風のケース)、その時間を含めない厳密な方法です。(A)図はこの厳密な時間でグラフ化しましたが、下表の長寿台風リストには双方の時間が書いてあります。

  • 台風の寿命分布

    (A) 台風の寿命分布
  • 台風の移動速度分布

    (B) 台風の移動速度分布

さて長寿もさることながら、台風5号の怖さの本質は「スピードが遅い」事だと思います。例えば同じ寿命3日間の台風でも、日本の端から端まで3日で駆け抜けたものと、ある街の上空で3日間停留したものとでは災害レベルが全く異なるでしょう。上の(B)図は(A)同様にベストトラックから導ける移動速度の分布をグラフ化したもの。15km/h前後にピークがあり、早いものは100km/h越え、遅い場合は止まってしまうケースもありました。もちろんひとつの台風は移動中にどんどん移動速度を変えますよ。

2017年台風5号の移動速度
では台風5号の移動速度はどのように変化してきたでしょうか?今日12:00までの位置速報から、右グラフを描いてみました。台風6号の残骸を巻き取り南西向きに転進を始めた頃からスピードが速まっていますね。その後7月末には10km/h未満になりました。9km/h(5ノット)以下の台風を気象庁が発表する際は、数値表示でなく「ゆっくり」(方向が分かる場合)、または「ほとんど停滞」(方向が分からない場合)と表現されます。5号が「ゆっくり」と表現されたのは熱帯低気圧ができたての頃、22日から23日の頃、そして7月末、という具合に度々ありました。

止まってしまいそうな「マゴマゴした台風」は一箇所に留まり、被害を大きくさせます。過去の「遅い台風」を調べたらけっこうたくさんありましたが、そのうち4種類の台風経路図を下の(C)(D)(E)(F)に掲載しました。まるでカタツムリが這った痕のような経路になってますね。(C)図の1986年台風14号は現時点で下表の通り観測史上最長寿の台風です。2016年の台風10号は記憶に新しいでしょう。図中の経路は中心付近の最大風速で色分けしてありますので、被害を想像してみてください。(※図中の日時はJSTです。9:00JST=0:00UTC 。)

今日発生した11号は、発生前まで東に進む熱帯低気圧でした。なのに発表では北西向きに変わっていました。奇しくも5号が発生した場所にとても近いことが気になります。よもや同じ道を通るんじゃないでしょうね…?今日昼までに4800kmあまりを旅した台風5号と、発生したばかりの11号、しばらく目が離せません。

  • 1986年台風14号

    (C) 1986年台風14号
  • 1996年台風12号

    (D) 1996年台風12号
  • 2001年台風16号

    (E) 2001年台風16号
  • 2016年台風10号

    (F) 2016年台風10号

【寿命300時間以上の長寿台風・1951-2016年調べ】
順位台風番号発生日時
(JST)
消滅日時
(JST)
寿命1(寿命2)
(h)
移動距離
(km)
平均
移動速度
(km/h)
最大
移動速度
(km/h)
11986年14号1986/8/18 15:001986/9/6 21:00462(426)6543.36315.36037.340
21972年07号1972/7/7 21:001972/7/26 21:00456(456)5898.80712.93653.640
31967年22号1967/8/30 9:001967/9/17 15:00438(438)6028.28013.76336.945
41991年20号1991/9/16 15:001991/10/2 9:00378(333)3775.24711.33737.827
51972年09号1972/7/9 3:001972/7/24 15:00372(372)5918.56815.91033.422
61974年14号1974/8/11 15:001974/8/26 21:00366(282)6547.19823.21791.546
72009年17号2009/9/29 15:002009/10/14 9:00354(330)4492.91913.61531.056
81951年20号1951/12/3 9:001951/12/17 21:00348(348)4685.67913.46543.640
91994年31号1994/10/18 9:001994/11/1 21:00348(348)5052.30514.51831.871
101997年28号1997/12/8 3:001997/12/22 15:00348(348)5690.98116.35334.134
111992年30号1992/11/16 3:001992/11/30 9:00342(342)5627.62116.45531.188
122001年16号2001/9/6 9:002001/9/20 15:00342(282)2454.5238.70425.917
132003年02号2003/4/11 9:002003/4/25 12:00339(339)5564.03116.41365.854
141957年04号1957/5/2 15:001957/5/16 9:00330(330)6151.52118.64156.302
151983年05号1983/8/5 15:001983/8/19 9:00330(330)4254.40512.89225.843
161987年13号1987/9/5 15:001987/9/19 9:00330(330)4788.04314.50947.885
172000年14号2000/9/2 21:002000/9/16 15:00330(330)5623.12717.04058.339
182015年11号2015/7/4 3:002015/7/17 21:00330(330)5935.31817.98631.450
191951年11号1951/8/11 9:001951/8/24 21:00324(324)5360.11916.54447.402
201960年16号1960/8/17 15:001960/8/31 3:00324(324)5546.19717.11853.461
211976年05号1976/5/13 15:001976/5/27 3:00324(324)3702.58711.42844.617
221979年20号1979/10/6 15:001979/10/20 3:00324(324)6872.19521.21096.427
232002年09号2002/7/14 9:002002/7/27 21:00324(324)6115.14718.87438.883
242015年12号2015/7/13 9:002015/7/26 21:00324(258)5155.36919.98239.917
251982年24号1982/11/25 3:001982/12/8 9:00318(318)6321.71019.88043.717
261984年25号1984/11/9 9:001984/11/22 15:00318(294)4719.33116.05236.363
271955年14号1955/8/3 9:001955/8/16 9:00312(312)5537.52617.74854.542
281986年13号1986/8/16 3:001986/8/29 3:00312(312)5882.43718.85448.687
291986年26号1986/11/28 15:001986/12/11 15:00312(312)4126.81713.22723.864
301992年11号1992/8/6 15:001992/8/19 15:00312(312)4979.43015.96034.567
311998年04号1998/8/25 9:001998/9/7 9:00312(312)4920.18815.77073.286
322014年11号2014/7/29 9:002014/8/11 9:00312(312)5184.36816.61750.338
331997年19号1997/9/4 9:001997/9/17 6:00309(309)6716.17621.73542.727
341964年14号1964/8/12 15:001964/8/25 9:00306(306)5219.43717.05738.084
351976年06号1976/5/15 15:001976/5/28 9:00306(306)5440.23217.77957.374
361977年21号1977/12/21 9:001978/1/3 3:00306(306)6370.33920.81840.387
372002年06号2002/6/29 9:002002/7/12 0:00303(303)6173.27520.37480.403
381968年12号1968/8/28 3:001968/9/9 15:00300(300)4825.41016.08533.375
391978年15号1978/8/28 21:001978/9/10 9:00300(300)4395.37014.65130.175
401979年01号1979/1/2 9:001979/1/14 21:00300(300)4559.50115.19840.606
411979年23号1979/12/2 9:001979/12/14 21:00300(288)5707.08819.81653.126
421991年24号1991/11/1 21:001991/11/14 9:00300(300)4279.12814.26428.948
431998年11号1998/10/15 9:001998/10/27 21:00300(300)3182.53210.60825.999
442011年06号2011/7/12 9:002011/7/24 21:00300(300)6173.93620.58041.852
452012年24号2012/11/27 3:002012/12/9 15:00300(300)5539.82018.46636.189
462015年09号2015/6/30 21:002015/7/13 9:00300(300)6385.09021.28440.704
順位台風番号発生日時
(JST)
消滅日時
(JST)
寿命1(寿命2)
(h)
移動距離
(km)
平均
移動速度
(km/h)
最大
移動速度
(km/h)

  • 自作プログラムを用いて気象庁ベストトラック(BT)から算出しました。
  • 寿命1とは発生から消滅までの時間です。
  • 寿命2とは、「一時的に台風未満の勢力に落ちた時間」を寿命1から引いたものです。
  • 表は寿命1の降順に並べていますが、寿命2で並べるとトップ3などが入れ替わります。どちらの寿命を基準にするかは大事なポイントです。
  • 移動距離はBTの1レコード毎に計算した測地距離を台風期間中すべて足したものです。
  • 移動距離には「一時的に台風未満の勢力に落ちた時間」に移動した距離は含まれません。
  • 平均移動速度は移動距離を寿命2で割った値です。
  • 最大移動速度はBTの1レコードごとに計算した移動速度のなかで最も大きかった値です。


久しぶりの星夜、気ままに楽しむ2017/08/03

20170803_網状星雲
昨夕は予報通り曇りでしたが、日付が今日に変わる頃から満天の星+時々薄雲という空になりました。気温が低く、秋のような空気です。雲がかからないところは天の川が見え、夏らしい透明感と輝き。時折横切る明るい流星。上弦過ぎの月が西空低空に赤く見えましたがすぐ沈みました。望遠鏡を組み立ててから薄明まで2時間…。めぼしい彗星などはありませんので、雲の通過がないことを祈りつつ天頂付近の天体をふたつ撮影しました。

左画像ははくちょう座にある「網状星雲」。超新星爆発の残骸がカラフルに光るエリアです。赤い星雲だけでなく、青や黄色の糸が絡んだようになっていて、天体写真家が狙う定番ですね。条件が良い空では望遠鏡を通して実際に見ることも可能です。当地は光害がたっぷりの街中ですから、こういった淡い天体はフィルターワークを駆使しない限りうまく写せません。この画像は天体用カメラでごく普通に撮り、強めの画像処理で何とか星雲を拾い上げました。いつかはカラフルで美しい姿を写したいなと考えています。

20170803_M31
流れる雲に何度か遮られましたが、お次は明け方かなり高く登る「アンドロメダ銀河」に望遠鏡を向けました。この銀河は肉眼でも見えていましたが、「何となく光ってるなぁ」という程度。横幅が月の5、6倍もある大きな銀河ですから、条件が良い空では肉眼で長細く伸びていることまで分かります。

宮沢賢治さんが『星めぐりの歌』で「アンドロメダの くもは さかなのくちの かたち。」と表現した、この銀河の形。今朝は透明度が良かったのか、珍しく楕円形の外まで広がる光芒がフワッと写りました。これじゃ口裂け…なんでもないです。

20170803夜明けと金星
ふたつ天体を撮影し終えたところで夜明けを迎えました。夏なので夜が短く慌ただしいですが、それでも朝の訪れがかなり遅くなったことは分かります。来週の8月7日は立秋ですからね。

雲が多くなった薄明空に目を凝らすと、もうオリオン座がすっかり登っていました。ふたご座のカストルも見えましたがポルックスは見えません。夜明けと共に東の雲は引いてゆき、日の出前には美しい金星が楽しめました。左画像にも写っていますので探してみてください。