壱岐地方で大雨2017/06/30

20170629-2300降雨
29日から30日へ日付が変わる頃、長崎県壱岐地方に記録的短時間大雨情報が発令されました。長崎県壱岐市芦辺付近で29日23:30までの1時間に約110mmの大雨とのこと。実は少し前からやばそうだなと感じていたのですが…

左は気象庁サイトの高解像度降水ナウキャストからの引用で、29日23:00の画像。もう島がどこなのか分からないほど真っ赤です。少し前から追ってみると、21時台後半にはもう一番濃い赤紫色のエリアに覆われ始め、以降途切れることなくずっと赤紫色です。

20170629-2100_2400降雨
右下は同じ引用で、21:00から24:00まで30分おきに該当エリア付近を切り取って並べたもの。下部に長崎、中央左上に対馬があります。壱岐地方は短時間大雨情報が出た後もまだ大雨が続いており、25:30(30日1:30)頃になってもまだ壱岐島から大雨エリアが外れていません。下手すると半日規模で続く恐れもあって油断できない状況です。

20170630-0000テーパリングクラウド
ここより小さいけれど、中国・四国地方の一部でも大雨になっています。衛星画像を見ると九州から関西を覆うくさび形に発達した雨雲があるようですね。左は30日0:00の気象衛星ひまわり画像(バンド7/画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。いわゆる「テーパリングクラウド」(にんじん状の雨雲帯)と考えられる活発な状態のようです。お近くの方、どうか十分ご注意ください。

【30日2:30追記】
速報値ですが、長崎県芦辺(壱岐市)で以下の日最大値を記録しました。雨はまだ続いているので、今後引き続き更新されるかもしれません。

  • 00:20までの3時間降水量が237.5mm(観測史上最大/40年ぶりの更新)
  • 02:00までの24時間/48時間降水量が344.0mm(6月観測最大)

参考までに、芦辺の降水量平年値は年間1860.3mm、6月一ヶ月では272.6mm、7月は320.6mmですので、この時期の1ヶ月分以上の雨が6、7時間程度で降ってしまったことになります。(※芦辺では29日0時から19時まで合計15mm程度の雨でした。大雨は20時以降に集中しています。)

【30日4:50追記】
以下の日最大値を記録しました。

  • 04:30までの24時間降水量が414.0mm(長崎県芦辺/観測史上最大/40年ぶりの更新)
  • 04:00までの3時間降水量が87.5mm(広島県広島/観測史上最大/41年ぶりの更新)

これを含め、長崎、広島、岡山で6月の降水量1位を更新する激しい雨になっています。

【30日9:00追記】
以下の日最大値を記録しました。

  • 06:20までの24時間降水量が432.5mm(長崎県芦辺/観測史上最大/40年ぶりの更新)



参考:
アーカイブ:記録的短時間大雨情報のリスト

コメント

トラックバック