2017年の夏至です2017/06/21

ホタルの乱舞
私の住む街の一角で見られたゲンジボタルの光景。外からは見えない、藪に流れる小川に沿って飛び交います。
本日、2017年の夏至を迎えました。当地・茨城県南部は朝に降り出した雨が次第に強くなっています。正午現在の気温は低く停滞し、雨が降り出す前の夜より少し低くなりました。

本来なら夏至の頃ともなれば夜でもかなり暑くなります。宵の気温が20度を軽く越し、蒸し暑さを感じる夜にはゲンジボタルが姿を現すシーズン。といっても近年は光害で夜が明るくなり、生息できそうな水辺も激減してますから、乱舞するほどではありません。県内のホタル生息地を幾つも訪ね歩きましたが、ホタルが多い地域ほど「人が苦労して生息環境を維持している場所」ばかり。なんともさみしい状況です。

ところでホタルは夜の昆虫というイメージが大きいけれど、夜しか生きられないわけではありません。明るく暑い日中は飛び回らず休んでいるだけで、注意深く探せば見つけることはできます。でも日差しを避けて暗い茂みに隠れているため、おいそれとは見つかりませんよ。人間もそうですが、熱中症にならないためには十分に涼しい日陰に入る必要があります。

赤道面と軌道面
(A)

赤道面と軌道面
(B)
同じ時刻でも季節によって方向がまるで違う太陽を避けるというのは案外大変。試しにお家の庭や近所のオープンスペースで「一日中、一度も日光が当たらない場所」を探してみてください。ほとんど見つからないと思いますよ。動物ならまだしも、根付いたら身動きの取れない植物なんて悲惨でしょう。多湿を欲する植物は、風媒花のように勝手気ままに命を移動させず、たどり着いた湿地でひたすら根を張り巡らして増える必要があるかも知れませんね。

2016年の冬至の記事に右(A)の「地球軌道と季節の関係図」を載せ、「このような図は季節によって日差しが変わるのをイメージしづらい」という主旨を述べました。一例ですが右(B)図のように地球を中心に据え、地軸を上下方向に揃え、地球から見た各季節の太陽を天動説的に描いたらどうでしょう。地球の赤道面に対して地球の軌道面は「地軸の傾き」だけ傾斜していますから、夏の太陽は少し上側(北)から地球を照らすことがよく分かります。この図で太陽がもっとも高くなる日が夏至と言うことですね。

高さだけでなく、太陽の見える方向も合わせて考えてみましょう。下に5つの街について、「2017年の年始から年末まで毎日、3時から21時まで1時間おきに太陽が見える方向を全てプロットする」という計算プログラムを作って描いたグラフを掲載しました。高さは0°(水平)から90°(天頂)まで、方位は0°(北)から東(90°)まわりで360°(北に戻る)までです。また赤い小さな丸は二十四節気の太陽位置、赤い大きな丸は夏至の太陽位置です。日本は小さな島国ですが、北から南まで比較するとこんなに太陽の見える方向にバリエーションがあります。みなさんはこの図からどんなことを学べますか?

  • 太陽の位置変化(札幌市)

    札幌市
  • 太陽の位置変化(つくば市)

    つくば市
  • 太陽の位置変化(神戸市)

    神戸市

  • 太陽の位置変化(鹿児島市)

    鹿児島市
  • 太陽の位置変化(那覇市)

    那覇市


★ブログ内で「日の出・日の入り」や「暦」をテーマに取り上げた関連記事・アーカイブは別ページにリストアップしています。日出没時刻やその最早最遅日は年や場所で変化しますから、記事日付をよく確認の上ご覧ください。


荒れた天気の一日でした2017/06/21

20170621-1500気象衛星画像
昨日から今日は全国的に荒れた一日でした。特に本州南寄りで多くの雨が降り、また強い風が伴いました。18:00現在の様子をまとめておきます。

左画像は本日15:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。北海道から近畿までを覆うほど大きな雨雲がありますね。渦こそ巻いていませんが、ちょっとした台風のようです。

20170621-1330降水
昨日まで渇水のニュースばかり聞いていたのですが、一転、今日は大雨や増水のニュース。静岡あたりでは浸水もあったようです。みなさんのところは大丈夫でしょうか。静岡県付近の大雨は12時台から14時台まで長いピークでした。右は気象庁サイトからの引用で13:30の降水状況。赤いエリアは神奈川・東京あたりまで伸びています。(このあと当地・茨城に15時頃やってきましたが、やや弱まっていました。)

20170621-1800-24時間降水量
雨は昨日から継続しているところもあるため、24時間降水量も見てみましょう。左は同気象庁サイトから18:00現在の24時間降水量。こうして見ると四国や近畿もダメージを受けていますね。同時刻には広い範囲で10m/sを越す強風も観測されています。お近くのみなさん、土砂災害には十分注意してください。

似たような状況は数日前にもありました。19日の記事に登場した大きな渦の低気圧通過です。下に18日21時と本日21日15時の地上天気図(出典:気象庁、着色は筆者)を並べてみました。比較すると、前回は低気圧中心が沿岸からやや離れて進行し、いっぽう今日の低気圧は本州太平洋側の陸部をダイレクトに通過した、という違いがあります。

本州に接近した段階の中心気圧はむしろ前回のほうが若干強いですが、天気図上で僅かに経路が近いだけで地上に暮らす私たちに大きな差となるんですね。下右図は最初の衛星画像と同じ時間なので比較してみてください。また下右図中、カムチャッカ半島南南東にある低気圧が、下左図の関東南岸にある低気圧の成れの果て(?)です。引き続き天候急変に注意しましょう。

  • 20170618-2100地上天気図

    6月18日21:00
  • 20170621-1500地上天気図

    6月21日15:00


20170621アメダス降水量&風速
【追記】
一日が終わり、アメダス観測値が発表になったので、降水量と風速について10分観測値をもとにグラフ化してみました(右図)。地元では土砂災害警報、各種注意報のほか、電車が遅延する等の影響がありました。交通網の乱れは全国規模だったようですね。(※図の降水量最小単位は0.5mmで、0mmの描画は「0.5mm未満の降水があった」ことを意味します。目盛が細かすぎるのはグラフソフトの仕様ということでご容赦ください。)