三彗星の盛衰2017/03/05

20170305タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)
昨夜から今朝にかけて透明度がやや悪かったものの、一晩中晴れてくれました。夜半近くまでは月が残っていましたが、ちょうど夜半から明け方にかけて話題の彗星たちが次々と空高くを通過します。満月期になる前に一網打尽にしてみました。

撮影順に、まずはしし座にいるタットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P/左画像)。0時少し前、月没直後から日をまたぐ露出です。ぱっと見た目には2月28日撮影の画像とあまり変わりませんが、天頂近くで撮ったせいか無理な画像処理をしなくてもコントラストの良い像になりました。相変わらず尾は見えませんが移動は速くなってきました。

20170305本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)
続いて本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P/右画像)に望遠鏡を向けました。タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星とは17°くらいしか離れていませんが、星座はお隣の「こじし座」の領域。こちらは2月26日撮影の画像よりも更に暗くなってしまい、カメラの液晶ファインダーではほぼ見えませんでした。他の二彗星より暗く、今後は完全に玄人向けですね。まだ尾が長いだろうかと思い少し左に寄せて撮影しましたが無駄足でした。緑色のコマもごく僅かです。

時間をおいて、明け方4時台に天頂近くを通るジョンソン彗星(C/2015 V2/下左画像)も撮影。彗星は順調に明るくなっており、もう緑色のコマもよく分かるようになりました。尾はまだ短いけれど本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星よりはっきりしていて、よく見ると北側(上側)へカーブしています。すぐ近くにある恒星τHer(3.9等)が明るすぎて、光害カットフィルターによるドーナツ状のゴーストが派手に出てしまいました。

撮影は全て30分露出、彗星位置基準のコンポジット、上方向が天の北方向、上下画角は約0.7°。ジョンソン彗星が昇るのを待つ間に同光学系で撮影したM101(回転花火銀河/下右画像)もおまけで掲載します。(※M101には2016年1月中旬にカタリナ彗星(C/2013US10)が接近しています。銀河の大きさを基準に今回の三つの彗星とカタリナ彗星を比較すると、いかにカタリナ彗星が大きかったか分かります。)

蛇足ながら夕空のエンケ彗星(2P)は航海薄暮終了時点で高度5°以下なので、事実上もう見えなくなりました。今後明るい姿で見えることはなく、また1回帰後(3.3年後)の観察条件もずっと低空です。次に明るい姿が拝めるのは2回帰後になりそうです。

  • 20170305ジョンソン彗星(C/2015 V2)
  • 20170305_M101

参考:
タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星(41P)に関係する記事(ブログ内)
本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)に関係する記事(ブログ内)
ジョンソン彗星(C/2015V2)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2017/03/05

20170305太陽
昨夜から今朝にかけてよく晴れていましたが、天気は西日本から下り坂の様子。今日もいつまで持つか分からないと思っていたら、もう午前中から雲が増えてきました。

20170305太陽リム
左は10:40頃の太陽。薄雲越しです。中央上右寄りの活動領域12641と12642は確認できますが、大きな黒点がある訳でもなく分かり辛いです。プロミネンスはほとんど出ていません。地球が氷河期のときの太陽ってこんな感じなのでしょうか?

このあと午後早くから太陽も見えない程曇ってしまいました。今夜の月面Xや明日の太陽観察は難しそうです…。

地球をかすめていった小惑星2017EA2017/03/06

小惑星2017EA地球接近
昨夜から今日はお天気が悪く空の観察も小休止ということで、メジャーニュースにならなかったけれど気になったものを一つご紹介。

四日ほど前の3月2日に地球をかすめていった小惑星がありました。小惑星番号は2017EAですから発見されたばかりですね。NASA-JPLのCNEOS(Center for Near Earth Object Studies)サイトに記事があります。ご興味ある方はお読みください。

どれくらい近かったか記事にも書いてありますが、地表からたったの14500kmだったそうです。月−地球の距離の約20分の1ですね。地球の直径がおよそ12800kmですから、この距離より少し遠いくらい。左図は記事からの引用ですが、気象衛星ひまわりなどの一般的な静止衛星軌道よりずっと内側です。なんで大きなニュースにならないんでしょうねぇ。

20170305小惑星2017EA地球接近高度
この小惑星との距離をあらためてNASA-HORIZONSで計算したのが右図です。知りたいのは地表からの距離ですので、地心距離から地球半径(一律で6378.137kmとしました)を減じて高度換算しました。一番地表に近くなったのは3月2日23:04JST頃で、場所はメキシコの南西沖合、太平洋のほぼ赤道上空です。

本日3月6日プラスマイナス30日の期間に1LD(月−地球間距離=384000km)以内に入り込んだ既知の小惑星は他に3つあります。2017DG16(2/23、0.36LD)、2017DR34(2/25、0.58LD)、2017DS109(3/5、0.92LD)です。でも2017EAは群を抜いて近かったですね。本体3mとのことで警戒レベルは低かった様ですが、こういうのは大小に関わらず広く報道し、「天気予報」並みに一般化して欲しいなぁと感じました。

今日の月(夕方)2017/03/07

20170307_14489月
久しぶりに月を撮りたかったのですが、昨夜から今日午前にかけてずっと曇りが続き、午後にはしっかり雨が降り出す始末。でも夕方18時前ごろになると西から晴れ間が広がり始めました。時折ドバッと雲がやってきますが、それを避ければ撮影できそう。そそくさと望遠鏡を用意しました。

左は18:15過ぎの撮影で、太陽黄経差114.89°、撮影高度67°弱、月齢は8.76です。大気が不安定かつ雲越しだったのでかなり眠たい画像ですが、撮れて良かった…。実はアーカイブ「月の形」の中でこの114°という太陽黄経差は撮影できてない位相のひとつだったのです。114°ジャストの瞬間はまだ昼間で、ある程度暗くなるのを待ったために黄経差が少しオーバーしました。

このアーカイブを作り始めてから今年の春で丸4年が過ぎます。8割方終わりましたが、まだ撮れていない位相も幾つかあります。全位相を揃えるというのはなかなか険しい道のりですね。

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差108度以上、144度未満)