夕空で月と水星が接近2017/03/29

20170329月と水星
午後まで残っていた雲は夕方近くいつの間にか姿を消していました。春独特の霞がたっぷり残っていましたが、日没近くは良く晴れ渡りました。

全く期待してなかった夕空の月と水星の接近も、18:30頃にベランダから見てみたらあっさり発見(左画像)。この時点で月高度は8°もありませんので電線が画面を横切ってしまいましたが、それもまた臨場感。細く折れそうな月の月齢は1.27。昨日が新月ですから初月となります。なおこの空の明るさでは写っていませんが、画像内に天王星もいるはずです。

水星はこのあと4月1日に東方最大離角を迎え、見ごろとなります。また月は同じく4月1日夕方にアルデバラン掩蔽(アルデバラン食)を起こします。日本全国ほどよい高度で潜入・出現共に観察可能です。今年日本から見えるチャンスのなかでは1月10日に次いで条件が良いでしょう。

アルデバラン掩蔽周期
日本の空でおうし座のアルデバランが月に隠される現象はここ3年ほど続いてきましたが、今年は最後の年。地球から見た月軌道が変化するせいで、来年からしばらく日本でアルデバラン掩蔽を見ることができません。右図は月とアルデバランとの離角を概算したグラフ。ゼロに近い位置でないと掩蔽が起こりませんが、こんなふうに大きな周期でふらつくのですね。次に見ることができるのは2034年代になるでしょう。

参考:
アーカイブ:天体の接近現象一覧
アーカイブ:1.5等星以上の掩蔽

コメント

トラックバック