今日の太陽2017/03/17

20170317太陽
昨夜から今朝にかけては薄雲がかかったり取れたりの繰り返しでした。今朝からはよく晴れています。花粉光環は見えませんでした。

20170317太陽リム
左は9:45頃の太陽。活動領域はありません。またプロミネンスも小さいものばかりですね。春の陽気のせいか、大気が揺れ動いて像がボケボケになりました。今日は彼岸の入り。もうすっかり春半ばなのですね。

今夜、てんびん座γ星のグレージングが起こります2017/03/17

今夜3月17日25:40前後(18日1:40前後)に京都から愛知にかけての限られた地域でグレージング(接食)が起こります。間際ですが、対象の恒星が3.9等と明るく条件が良いので、簡単ですが地図を掲載しておきます。お近くの方で天候に恵まれ、観察する時間があるならぜひご覧ください。

地図上のラインよりも東の地域では恒星が月に完全に隠される「掩蔽」となります。また西の地域では何も起こりません。掩蔽の時刻は記事最後の表をご覧ください。なお、当記事内でのグレージングや掩蔽の現象説明は省略します。ご興味ある方は記事末の参考欄に載せた過去記事リンクを斜め読みしてください。

【2017/03/18・1:40前後のγLibグレージング】
[恒星:γLib=2223SK0, 3.9 mag]
[月:月齢19.1, 高度:約32° 方位:約143°]
       

  • 予報ラインはグレージングの南限です。恒星は月の南側の縁に接します。
  • 予報ラインはゼロライン(赤線)を基準にして0.5″おきに描いています。ラインをクリックするとライン名称が表示されます。
  • 赤丸アイコンをクリックすると、その地点の現象時刻が表示されます。標高が異なる所では現象内容や時刻が少しずれます。
  • 望遠鏡アイコンをドラッグすると、三脚下×印の緯度・経度・標高を測定して地図下(欄外)に表示できます。必要に応じてお使いください。なおGoogleMapの標高は実際よりずれていますので、あくまで目安に。


【月縁図】

20170317-γLib月縁図
上の地図ラインはこちらのサイトの接食限界線ルートデータを元に簡易計算したものです。左に同サイトからの月縁図を引用し、上のGoogleMapのライン色に応じた線を描きました。標高の補正などはしていませんので、あくまで目安としてお使いください。

この図の通りに起こるとすれば、ゼロライン(赤線)やプラス側(緑線)では現象が見えません。だいたい-0.5″ラインより北側、約2.5km程度の範囲が観察に適した地域と言えるでしょう。なお現象時刻だけ見るのではなく、その時刻プラスマイナス5分程度は観察を続けることが重要です。

【γLib掩蔽時刻  ※概算】
場所潜入出現
札幌市1:14:382:25:18
青森市1:16:302:21:07
仙台市1:20:282:17:18
新潟市1:20:432:10:44
東京(経緯度原点)1:27:482:06:30

東/北日本での掩蔽予想時刻は右表の通りです。Occult(v.4)による概算なので、こちらもあくまで目安としてご利用ください。

参考:
てんびん座γ星の掩蔽を観察しました(2017/03/18)
グレージング現象を観察しよう(2017/01/19)
アルデバラン掩蔽がきれいに見えました(2016/11/16)
2015年1月3日のグレージング予報(2014/12/16)