相変わらず大きな本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星2017/02/12

20170212本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)
昨夜から今朝にかけてもよく晴れました。満月過ぎの月明かりが明るかったのですが、前夜に続いて本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)を撮影しました。

昨日地球にいちばん接近したこの彗星ですが、計算上は最接近時刻が昨日夕方でした。ですから実質は昨日明け方より今朝の方が地心距離は僅かに近く、およそ0.08335天文単位(約1247km)です。左は3:20頃から15分間の露出、彗星位置基準でコンポジット、画像上方向が天の北方向、縦画角は約1.1°です。

画像上の動きは相変わらず速くて、あまり長時間露出したら画面の外に出てしまいます。もっともこの月明かりでは長い露出をしてもあまり意味はありませんね。2月3日に明け方の空で捕らえてからもう4つの星座を渡り歩いてます。日に日に東から登るのが早くなって、起床時間や観察方向を急ピッチで変えてゆかねばなりません。まぁそれが面白いところですが…。

撮影中に月の周囲を見ていたら、時々ごく淡い雲が流れていたようでした。昨日より若干コントラストが落ちたのはそのせいかも知れません。しばらく月が明るいですが、天気が良くて体力が持つようなら継続して観察しようと思います。

参考:
本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2017/02/12

20170212太陽
朝からよく晴れていますが、またしても風が強くなりました。一体いつまで続くのかな…。まもなくスギ花粉の季節を迎えますから、憂鬱この上なし。ホントかウソか、関東の飛散量は少ないという情報だけが唯一の希望(?)。

20170212太陽リム
左は10:20過ぎの太陽。今日は暖かいほうですが、像は比較的落ち着いていました。中央を過ぎた活動領域12634&12635は西(右)に向かっています。プロミネンスは落ち着いてしまい、目立ったものはありませんでした。