本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星がいよいよ明け方に2017/02/02

20170202本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)
昨夜から今朝にかけてよく晴れましたが、一晩中5m/sを越える強風で、一時9m/sに達したようです。ですので望遠鏡を使った観察はできませんでした。透明度が良い空だったので残念です。

そろそろ本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)が明け方に顔を出す頃です。実は二日ほど前から様子を見ていましたがまだ低空過ぎて、登るのを待っている間に明るくなってしまいました。

今朝方も狙ってみたのですが…左画像はすっかり薄明が始まっている5:35過ぎの撮影で、彗星の高度は7°弱。丸点線内にいるはずですが、よく分かりません。背景が明るすぎるのか、拡大率が足りないのか…。強風で像が安定しなかったこともありますが、10等台の恒星像はちゃんと確認できます。彗星が無くなってしまうことは考えづらいので、「もうちょっと待て」ということでしょうね。該当場所が登っていることは確認できたので、明日か明後日にはしっかり写ってくれることを期待しましょう。

今後は急速に高度をあげて探しやすくなります。地球に接近する11日頃には少し明るくなりますが、反面11日が満月なのでその前後は月明かりで大変見辛いでしょう。地球接近後は半月あまりで3等級も暗くなる見込みなので、急に手が届かなくなります。となると月が明け方にまわるまでの向こう一週間、2月9日頃までが勝負所ですね。

参考:
本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星(45P)に関係する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック