今日の太陽2017/02/01

20170201太陽
昨夜から今朝にかけてずっと曇っていました。2月最初の午前も曇りでしたが、昼を境に晴天へと変わりました。

20170201太陽リム
左は12時過ぎの太陽。昨日は気付かなかった黒点が中央上にバーンと出ていますね。これは活動領域12632の番号が付きました。同緯度の右寄りに見えるのが12629ですが、その下(赤道近く)にも12631、また12632のずっと左のほうに12630もできて、一気に賑やかです。プロミネンスは右上の小さなものが目立つのみ。

今夕も西空を飾った月・金星・火星2017/02/01

20170201月・金星・火星
晴れたり曇ったり慌ただしい一日が過ぎ、日没頃には雲ひとつない快晴になりました。そして昨夕と同じように、西空を月・金星・火星が飾ってくれました。昨日は雲に邪魔されて短時間しか見えませんでしたが、今夕は薄明が終わった後までたっぷり楽しめました。

今日の配置は左画像の通り。昨日の画像と比べると月がかなり動いて、惑星たちより高度が高くなったのが分かるでしょう。月は約1ヶ月弱で空を一巡り…つまり360°動いてしまいます。1日あたり12°あまりの動きは、これほど見た目を変えるということですね。またなかなか感じ取れませんが、金星や火星も少し動いていますよ。

20170201月・金星・火星
三天体の拡大は右の通りです。上方向を天の北向きにしてありますので、左上画像に対して回転しています。当地での天文薄明終了頃(18時半)の撮影ですので、暗い星々もたくさん写っています。この画像の右上角のすぐ外側に、増光中のエンケ彗星(2P)がいます。

期待していたとは言え、二日間とも三天体の接近を楽しめたことは本当にラッキーです。皆様のところはいかがだったでしょうか?2015年や2016年に比べ今年は三天体以上の相互接近がやや少ないのですが、秋には明け方の空でまとまった接近現象を観察できます。アーカイブ:多天体の接近現象(2017年)などを参考に、気になる日を手帳にメモしておいてくださいね。