今日の月(明け方)2016/10/27

20161027_31723月
昨夕から曇ってしまった天気は夜通し続きました。当地・茨城は県北で夜半頃にしっかり雨が降ったようでしたが、私の住む県南では小雨がちらついた程度。明け方3時頃になると雲も引いて美しい星空となりました。

左は明け方5時過ぎの月。太陽黄経差317.23°、撮影高度32°弱、月齢25.83です。もう航海薄明が始まっていましたが、画像処理でなんとか背景を暗く押さえられる時間帯です。なるべく高い位置で撮影したのですが、大気の揺らぎが激しく像はボケボケでした。およそ18°ほど下のほうに木星が輝いていました。明日朝には今朝の三分の一ほどまで接近します。

あまり寒さを感じない明け方でしたが、今日あたりから気温が低くなっていくようです。冬が一歩一歩近づきますね。

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差288度以上、324度未満)

今日の太陽2016/10/27

20161027太陽
朝からよく晴れていますが、日が高くなると少し雲が出てきました。気温は上がっても20度前後でしょう。

20161027太陽リム
左は9:50少し前の太陽。活動領域12603はかなり右リムに近くなりました。昨日右上リムを飾っていたプロミネンスは見えませんね。また同じく左上リムにあったプロミネンスはダークフィラメントとして光球内に見えてきました。左下側リムのも素晴らしいですね。

宵空に並ぶ金星と土星2016/10/27

20161027金星と土星
17時を過ぎるとかなり暗くなる時期。外出から徒歩で帰宅する途中、街並みの隙間から金星がきれいに見えました。しばしうっとり…。30日に金星と接近する土星がすぐ側に並んでいました。

明日からしばらく天気が悪いことを思い出し、帰宅してカメラを抱えて再びその場所へ。そうして撮影したのが左画像です。明るいのが金星、その上の少し暗いのが土星。土星は日ごと低くなって太陽に近づき、12月10日に合を迎えます。いっぽう金星はだんだん高くなり、来年1月12日に東方最大離角となります。

金星の左下にさそり座のアンタレスもいたのですが、肉眼では確認できずフレーミングも意識しませんでした。あとでパソコン上で見返すと運悪く枝に半分隠されています。(ということは半分見えています…探してみてください。)木々が緑に光っているのは近くの街灯のためです。

来週11月2日と3日には月が巡ってきてこの光景に加わります。極細の月と明星とのコラボはとても素晴らしいですから、晴れたら見逃しませんように。