流星飛ばなかったけど天宮2号が飛んだよ2016/10/21

20161021月と冬の星々
昨夜から今朝にかけても前夜同様よく晴れました。折良くオリオン座流星群がピークを迎えると言うことで、のべ1時間ほど断片的に空を見上げましたが、流れ星はひとつも見えず…。無理もない、今夜は月が当のオリオン座近くにギラギラ輝いていたのですから。左画像は明け方近くの月と周囲の星座たち。冬の大三角やすばる、うみへび座頭部なども写っていますので探してみましょう。

一般に群流星は空のどこを見ていても見えるはずですが、放射点(流星が流れ出す中心)に近いほど見かけの速度が遅くなり、空の面積に対する流星数も多くなるため目にとまりやすくなります。このためどうしたって放射点の方向を意識してしまいます。オリオン座流星群はオリオン座に放射点があるのに、その近くに月がいたのでは目がくらんで流星どころではありませんね。これが、たとえば1月のしぶんぎ座(りゅう座)流星群のように絶対月がやってこない星座なら、こんな心配は要りません。

20161021_24301月
右画像は1:40頃撮影した月。太陽黄経差243.01°、撮影高度64°弱、月齢19.69です。だいぶ欠けたとは言え、下弦前ではまだ星を見るのに月明かりが邪魔になりますね。空のコンディションは前夜と全く反対で、透明度が良かったものの大気の揺らぎがとても激しく、月面も波ガラス越しの像のようでした。がんばって撮ったのに残念…。

ところで、4日前の10月17日に中国が有人宇宙船「神舟11号」を打ち上げ、19日には地球を周回している同国の宇宙ステーション実験モジュール「天宮2号」(2016年9月15日打ち上げ)に無事ドッキングしました。二人の宇宙飛行士はこれから30日に渡って天宮2号に滞在し、実験などをするとのことです。

天宮2号は10月半ば頃から来週中頃まで明け方の空で見ることができます。昨夜は光度やルートが悪くて見えませんでしたが、今朝は良い条件でした。予報と実際とで見え方の差がどれほどか確認も兼ねて、見晴らしのよい場所へ歩いて行きました。

4:20頃、予報通り北極星近くに天宮2号が現れました。そのまま北斗七星のほうへスーッと移動していきます(下左画像および下中画像/所々切れているのは撮影インターバルによる)。Heavens-Aboveの予報ではピーク時2.1等、CalSky予報では1.3等でしたが、どう見ても3等程度の暗さ。月明かりの影響もあるでしょう。国際宇宙ステーションのような明るさを期待してはいけません。でも予想時刻&位置通りに通過したので(当たり前ですが)、ちょっと感動しました。国際宇宙ステーションやスペースシャトル以外で、人の乗った宇宙船を見たのは初めてかも…。明日明け方には当地・茨城県南では頭上の月より高い天頂通過並みのパスとなり、今日よりも明るい見込みです、関東のみなさん、晴れたらぜひ探してくださいね。

白んできた東の空に、やっと木星を見つけました。今期の明け方側では最初です。下右画像で、中央下の木立すれすれに輝く星が木星。画像上辺近くにはししの大鎌が見えます。今朝は流星こそ見えませんでしたが、たくさんの収穫がありました。

  • 20161021天宮2号
  • 20161021天宮2号
  • 20161021しし座から木星にかけて

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差216度以上、252度未満)

弱々しい日差し2016/10/21

20161021内暈
明け方までほとんど雲がない空でしたが、朝以降は日光が弱々しいお天気となりました。何度かトライしたものの結局太陽観察できず…。もう少し晴れ間の多い予報だったのに残念。

午後になると内暈がぼんやりと見えました。左画像は15時頃の様子。他にも見えないかしばらく観察しましたが、弱く小さな幻日以外分かりませんでした。

鳥取県で大きな地震がありました2016/10/21

鳥取地震の震度別回数などの資料はアーカイブ:2016年鳥取地震の地震回数に随時蓄積しています。どうぞご覧ください。


強い地震の回数グラフ(年別・震度別)
本日21日14:07ごろ、鳥取県中部(北緯35.4°、東経133.9°)を震源とする強い地震がありました。気象庁の速報によると最大震度6弱、震源の深さは約10km、マグニチュード6.6とのこと。なんと最東では当地・茨城県まで揺れました。

今日夕方の時点で気象庁の震度データベースに登録されている全てのデータ(1923年1月1日から2016年10月19日まで)を使い、震度5弱以上の地震を震度ごとにカウントし、年別の積み上げグラフにしてみました(左図/マグニチュード別ではないので注意)。また同期間に起こった震度6弱以上の強い地震を下表にリストアップしました。

今年2016年は熊本地震が起きたため、今回の地震をカウントしなくても既に30回も発生。この観測期間では歴代3位という不名誉な回数です。なお震度の観測や震度の算出は時代と共に変遷がありますのでご注意ください。(※旧式の震度5と6は新式の「強弱」付きと区別してあります。)違う計測同士でどこまで整合性がとれているか分かりませんから、単純に並べることは不適切かも知れません。でもそれを含めてひとつの目安として参考になるでしょう。震源地の近隣地区で被害が拡大しないことを祈っております。

【震度6弱以上の地震・1950年以降2016年10月19日まで】
ピンク文字の行は鳥取県が震央の地震です。
発生日時震央地名最大震度マグニチュード深さ
1923年9月1日 11:58:31.6神奈川県西部6M7.923km
1924年1月15日 05:50:14.8神奈川県西部6M7.30km
1925年5月23日 11:09:47.6兵庫県北部6M6.80km
1927年3月7日 18:27:39.2京都府北部6M7.318km
1930年11月26日 04:02:46.9静岡県伊豆地方6M7.31km
1935年7月11日 17:24:48.3静岡県中部6M6.410km
1941年7月15日 23:45:26.8長野県北部6M6.15km
1943年9月10日 17:36:53.5鳥取県東部6M7.20km
1944年12月7日 13:35:40.0三重県南東沖6M7.940km
1948年6月28日 16:13:28.8福井県嶺北6M7.10km
1972年12月4日 19:16:10.3八丈島東方沖6M7.254km
1982年3月21日 11:32:05.7浦河沖6M7.140km
1993年1月15日 20:06:07.2釧路沖6M7.5101km
1994年10月4日 22:22:56.9北海道東方沖6M8.228km
1994年12月28日 21:19:20.9三陸沖6M7.60km
1995年1月17日 05:46:51.8大阪湾7M7.316km
1997年5月13日 14:38:27.5鹿児島県薩摩地方6弱M6.49km
1998年9月3日 16:58:17.2岩手県内陸北部6弱M6.28km
2000年7月1日 16:01:56.3新島・神津島近海6弱M6.516km
2000年7月9日 03:57:44.9新島・神津島近海6弱M6.115km
2000年7月15日 10:30:32.0新島・神津島近海6弱M6.310km
2000年7月30日 21:25:46.6三宅島近海6弱M6.517km
2000年8月18日 10:52:22.6新島・神津島近海6弱M6.112km
2000年8月18日 12:49:12.6新島・神津島近海6弱M5.17km
2000年10月6日 13:30:17.9鳥取県西部6強M7.39km
2001年3月24日 15:27:54.5安芸灘6弱M6.746km
2003年5月26日 18:24:33.4宮城県沖6弱M7.172km
2003年7月26日 00:13:08.2宮城県中部6弱M5.612km
2003年7月26日 07:13:31.5宮城県中部6強M6.412km
2003年7月26日 16:56:44.5宮城県中部6弱M5.512km
2003年9月26日 04:50:07.4十勝沖6弱M8.045km
2003年9月26日 06:08:01.8十勝沖6弱M7.121km
2004年10月23日 17:56:00.3新潟県中越地方7M6.813km
2004年10月23日 18:11:56.7新潟県中越地方6強M6.012km
2004年10月23日 18:34:05.6新潟県中越地方6強M6.514km
2004年10月23日 19:45:57.1新潟県中越地方6弱M5.712km
2004年10月27日 10:40:50.2新潟県中越地方6弱M6.112km
2005年3月20日 10:53:40.3福岡県北西沖6弱M7.09km
2005年8月16日 11:46:25.7宮城県沖6弱M7.242km
2007年3月25日 09:41:57.9能登半島沖6強M6.911km
2007年7月16日 10:13:22.5新潟県上中越沖6強M6.817km
2007年7月16日 15:37:40.4新潟県上中越沖6弱M5.823km
2008年6月14日 08:43:45.3岩手県内陸南部6強M7.28km
2008年7月24日 00:26:19.6岩手県沿岸北部6弱M6.8108km
2009年8月11日 05:07:05.7駿河湾6弱M6.523km
2011年3月11日 14:46:18.1三陸沖7M9.024km
2011年3月11日 15:15:34.2茨城県沖6強M7.643km
2011年3月12日 03:59:15.6長野県北部6強M6.78km
2011年3月12日 04:31:55.6長野県北部6弱M5.91km
2011年3月12日 05:42:19.8長野県北部6弱M5.34km
2011年3月15日 22:31:46.3静岡県東部6強M6.414km
2011年4月7日 23:32:43.4宮城県沖6強M7.266km
2011年4月11日 17:16:12.0福島県浜通り6弱M7.06km
2011年4月12日 14:07:42.2福島県中通り6弱M6.415km
2013年4月13日 05:33:17.7淡路島付近6弱M6.315km
2014年11月22日 22:08:17.9長野県北部6弱M6.75km
2016年4月14日 21:26:34.4熊本県熊本地方7M6.511km
2016年4月14日 22:07:35.2熊本県熊本地方6弱M5.88km
2016年4月15日 00:03:46.4熊本県熊本地方6強M6.47km
2016年4月16日 01:25:05.4熊本県熊本地方7M7.312km
2016年4月16日 01:45:55.4熊本県熊本地方6弱M5.911km
2016年4月16日 03:55:53.0熊本県阿蘇地方6強M5.811km
2016年4月16日 09:48:32.6熊本県熊本地方6弱M5.416km
2016年6月16日 14:21:28.2内浦湾6弱M5.311km

  • 1949年1月から震度7を加えた8段階の階級を使用。
  • 1996年4月から震度5と6に弱と強を加えた10段階の階級を使用。

参考:
2016年熊本地震に関係する記事(ブログ内)