台風22号が発生2016/10/15


20161015-0900気象衛星画像
一昨日夜にフィリピン近くで台風21号が発生したばかりでしたが、本日9:00にはその東にあった熱帯低気圧が台風22号(HAIMA/ハイマー)となりました。直前の台風21号の発生から1日12時間後となります。今年10回目のダブル台風でしょうか。

左は本日9:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。赤点円は台風中心の直径1000km円。左の赤点円が21号、右の赤点円が22号です。どちらもフィリピンに向かっており、先に到着している21号は昨夜21:00から「強い台風」クラスです。気象庁やJoint Typhoon Warning Centerの予報を総合して見ると、22号もかなり勢力を強めながら19-20日にかけてフィリピン諸島の北寄りに接近するようですが、予報の最も北を進めば先島諸島にも影響がありそうです。

2016年・台風の発生数(累積)
10月になって日本は少しずつ冷えてきましたが、南の海はまだまだ熱いようですね。気象庁の平年値(1981-2010年)による台風発生数は年間で25.6個ですが、10月までの累積は約22.1個。つまり2016年は今日の22号でほぼ平年値に届いていることになります。

右グラフは累積による台風発生数。2016年分は今日までの速報値です。1号の発生が観測史上二番目の遅さだったことを考えれば、驚異的なペースで挽回(?)していることになりますね。年末まで残り2ヶ月半ですが、どうなりますやら…。

今日の太陽2016/10/15

20161015太陽
昨夜は一晩中快星でした。放射冷却のためか明け方かなり冷えましたが、日が昇ると日なたは暖かく感じます。空はまだ透明度を維持しており、気持ちよく太陽観察ができました。

20161015太陽リム
左は10時過ぎの太陽。相変わらず静穏ですが、活動領域12600の黒点が見えているのでまだましなほうですかね。よく見れば中央やや左寄りにも小さな黒点を伴う活動領域12602があります。見えづらいですが、右下リムにもやや明るい12599がまだ見えます。プロミネンスは右上の小さいのだけですね。

今夜もステキな月夜2016/10/15

20161015_17102月
茨城は今夜も素晴らしい月夜です。ただ、日中の気温が暖かかったせいか、昨夜より透明度が少し落ちました。また大気の揺らぎも結構あります。それでもほとんど雲がないことは素晴らしいですね。二夜連続なんて何ヶ月ぶりでしょうか。

左画像は22時過ぎの撮影で、太陽黄経差171.02°、撮影高度55°弱、月齢14.54。満月まであと少しなので、まだ左側(天の東側)が欠けていますね。10月の満月は日本から見えない位置で起こるため、明日夜に昇る月はもう満月を過ぎています。

昨夜は月面Aデーでした。では今夜はA地形がどう見えるのでしょうか?昨夜の画像と今夜の左画像から同じ位置をほぼ原寸で切り取って並べてみました(右下画像)。月の首振り運動によってクレーターの視位置が変化する影響まで含んだ比較です。念のために書くと、上を月の北方向に揃えた画像なので、Aの字は逆さに見えます。

月面Aはどうなった?
昨夜のほうはA地形の一部に光が当たり始めたころの撮影で、A地形から太陽を見たときの高度が約-2.4°、対して今日のほうは約+10.8°です。およそ1日経つのに月面では太陽が十数度しか昇ってないことも驚きですが、それを地球から見たときこんなに印象が変わることもすごいですね。

これからしばらくは夜の月が高く舞い上がり、美しさが引き立つ季節。色々な表情を見せてくれるので、お時間あったら空を仰いでくださいね。

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差144度以上、180度未満)