おぼろながらも十三夜の月2016/10/14

20161014十三夜
昨日10月13日は2016年の十三夜でしたが、当地・茨城県南では一日中皆曇となってしまい月がどこにあるかすら分かりませんでした。それでも時折起き出しては雲間から見えやしないやと探していると、日付が14日に変わり1時間ほどしたら、雲が他より薄い隙間がいくらか現れ、十三夜の月を拝むことができました(左画像)。

9月15日の中秋も薄雲越しの名月を見ることができたので、「片見の月」にならずに済みました。ふたつの名月をどちらも拝めることは、謂われなどにかかわらず嬉しいものです。

昔の決め方で晩秋の十三夜(後の月・豆名月)は新月から13日目の夜のことで、「月齢13の日」という意味ではありません。いっぽう「月齢13という意味の十三夜」は今夜です。ちょっとややこしいですが、昔の数え方は新月(月齢0)を月初め(1日)とするから、月齢(0スタート)と日付(1スタート)は本質的にひとつずれてしまうんです。

今日は全国的に晴れが多そうなので、夕方にはきれいな月が昇ってくるでしょう。昨夜見えなかったみなさんもぜひ今夜見あげてくださいね。なお、今夜は月面Aデーです。ちょっと南に低いけれど、南中頃に見え始まる絶好のタイミング。月面中央経度もよい時期です。望遠鏡を使える方はご覧ください。

参考:
アーカイブ:伝統的七夕・中秋の名月の一覧

台風21号が発生2016/10/14


20161014-0900気象衛星画像
日本の東の海上を足早に遠ざかった台風20号は昨日13日15:00に温帯低気圧となりました。寿命は4日18時間でした。入れ替わるように、12日頃から発生していた熱帯低気圧が昨夜21:00に台風21号(SARIKA/サリカー)となりました。直前の台風20号の発生からちょうど5日後、消滅からは僅か6時間後となります。更に本日9:00には24時間程度で台風になる恐れがある熱帯低気圧も新たに生まれました。

左は本日9:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。赤点円は台風/熱帯低気圧中心の直径1000km円。画像中央の赤点円が台風21号、右の赤点円が熱帯低気圧です。21号はしっかりした渦が見えてきました。明日には「強い台風」クラスとなる見込みだそうで、注意が必要ですね。熱帯低気圧のほうもかなり成長していますよ。

また左画像の左側、ベトナム沿岸からラオス、タイにまたがる辺りにも熱帯低気圧があります。これは昨日15:00時点で「台風になるかも知れない」として気象庁サイトに掲載されていましたが、今日は解除されていました。過去にさかのぼると6日に発生して10日に熱帯低気圧へ戻った台風19号の「続き」みたいです。ずっとこの付近に停滞気味でしたが、ごくゆっくり南西へ移動して再び台風予備軍に成長したのでしょう。下に6日から12日まで3日おき各15:00JST、および昨夜21:00の天気図を引用しておきました(画像元:気象庁サイト)。該当する低気圧位置に赤丸を付けてあります。12日のみふつうの低気圧になっていますが前日まで熱帯低気圧で、毎日見ていると同じものが変化していったようです。

  • 20161006-1500asas

    10月6日15:00
  • 20161009-1500asas

    10月9日15:00
  • 20161012-1500asas

    10月12日15:00
  • 20161013-2100asas

    10月13日21:00


久しぶりの幻日と環天頂アーク2016/10/14

20161014幻日
今日は昨日より少し薄日が差しています。(昨日は太陽がどこにいるかも分かりませんでした。)ただ、太陽観察できるほどでもなく、洗濯もなかなか乾きません。

それでもいつものように何か見えないか期待して時々空を眺めていると…14:40頃になって雲間に太陽左の幻日が見えてきました(左画像)。しばらく観察すると急に明るくなり、色もはっきりしてきました。

20161014幻日
右画像は左右それぞれの幻日の拡大です。太陽右の幻日は断片的に見えたものの肉眼ではあまりにも微かで、強調処理しないと分かりませんね。対して左側は一時的にまぶしさを覚えるくらいはっきりしていました。

このぶんなら久しぶりに環天頂アークが見えるかもと思い、ユーティリティ:太陽高度とアークの時刻表を確認すると、当地では15時過ぎが明るさのピークのようでした。そのまま観察を続けていると予想通り15時前に見え始め、最大の明るさの時間帯は雲行きも手伝って素晴らしい眺めになってくれました。下左画像は環天頂アーク全景、下右画像は中央付近の拡大です。残念ながら10分ほどで消えてしまいました。

  • 20161014環天頂アーク
  • 20161014環天頂アーク

今夜の月は月面Aがよく見えました2016/10/14

20161014薄暮
16時頃まで雲が多かったけれど、その後急速に晴れ渡り、沈む夕日が綺麗に見えました。次第に暮れてゆく西空は晩秋の透明感で、文句なしの「この秋一番」に感じました。右画像の撮影時刻は17:30頃。つるべ落としのこの時間は暗さのほうが目立ちます。何気なく撮りましたが、宵の明星が写っていますよ。中央の木々越しには富士山もはっきり見えました。

20161014_15601月
暗くなると煌々とした月明かり。月齢13の月が街を照らします。左画像は20時過ぎの撮影で、太陽黄経差156.01°、撮影高度44°弱、月齢は13.46です。昨夜の十三夜は雲が多くてはっきり見えませんでしたが、今夜は申し分ないですね。

さて、今夜は月面Aが楽しめる最高の条件です。ちょうど月が南中した頃にA地形が現れるという素晴らしいタイミングです。しかも快晴で、星の瞬きが少ないので大気も落ち着いています。今年のように何ヶ月もまともに晴れない夜が続くと、急に晴れても何しようかとアタフタして、結局考え込んでいる間に時間を浪費してしまいます。でも今日は最初から「月面Aの観察」に焦点を絞って行動できました。

左画像では既にA地形の一部に光が当たり始めていますので探してみましょう。でも肉眼では分からないくらい暗い状態で、まだAの字は完成していません。月面A地形に立ったときの太陽高度を基準に、20:50頃から1時間おきに3回撮影したものを下に掲載しました。Aに見えるよう上下を逆さにし、上が天の南極方向にしています。(※左画像は上が月の北極向きです。)また各画像右下にA地形の拡大をインサートしました。画像左寄りの明るい光条付きクレーターはケプラー、右寄りにはグリマルディ、ヘベリウス、カバァレリウスが並んでいます。

この画像ですとA地形はグリマルディの下、ヘベリウスの右にあります。太陽高度が-1.5°あたりからAの形が分かり始め、-1.0°ではもう下側の地形がくっついて別の形に見えてしまいますね。撮影してて気付きましたが、Aの頂点には小さなクレーターが幾つか見えます。AじゃなくてÅ(オングストローム)なのかな…?周囲のクレーターの影が少しずつ変化していくのも面白いです。しっかりした機材での観察は5ヶ月ぶりくらいですが、実に楽しい時間を過ごすことができました。(※翌日との比較が10月15日の記事にあります。)

  • 20161014-2050月面A

    20:50ごろ(太陽高度は約-2.0°)
  • 20161014-2150月面A

    21:50ごろ(太陽高度は約-1.5°)
  • 20161014-2250月面A

    22:50ごろ(太陽高度は約-1.0°)

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差144度以上、180度未満)
月面Aに関係する記事