ハリケーン「MATTHEW」は強いのに移動が遅い2016/10/04

ハリケーン「MATTHEW」の位置・気圧・風速などの速報データ履歴は10月2日の記事内に蓄積してありますので、そちらをご覧ください。(※全データではなく、勢力が強かった期間のみです。) 10月7日記事10月9日記事もどうぞ。

20161004-1145JST-ハリケーンMatthew
カリブ海で猛威を振るっているハリケーン「MATTHEW」は、今日12:00JST現在まだジャマイカやドミニカの近海に留まっています。相変わらず強い勢力のままです。

左はNOAA-GOES衛星による12:00JST少し前の赤外画像(擬似カラー)。中央左寄りの真っ赤なあたりがハリケーン中心です。何日も前からこのハリケーンには東側にまるで別のハリケーンがくっついているかのような別の雨雲エリアが寄り添っていました。今日もまだ大きな塊が見えていますね。

20161004-1200JST-ハリケーン進路予報
右はNational Hurricane Center(NHC)による9:00JST時点の予想進路や警戒域の図。数日前に見た様子とあまり変わってない印象に驚きました。このハリケーンはそんなに移動が遅いのだろうか…そう思ったので、発生からここまでの中心位置データから速度を計算してみました。比較のために台風18号でもやってみました(左下図)。

ここでは気象情報として発表された速度ではなく、緯度経度から測地距離(地球面に添った距離)を直接計算し、時速に直しています。またハリケーンの情報は6時間ごとしか入手できないので、気象庁の台風に合わせるため3時間ごとに補完しました。速度は移動方向に関係なく求めています。縦軸は時速、横軸はデータ初期値からの経過時間(本日昼前まで)です。移動は台風位置によって左右されると思われ、本来はそれも合わせて調べるべきですが、今回は単純な時間推移としました。

速度比較
グラフを見ると一目瞭然。速報値のため上下差はある程度均して考えないといけませんが、概ね平均的な台風として移動している18号に比べ、ハリケーンMATTHEWは半分以下ほどの速度ですね。止まりそうなときもあるほどの、いわゆる「自転車並み」でしょうか。

ということは被害がいつまでも続いてしまうと言うことですね。12:00JST時点の中心気圧は昨日より下がり、風速も強いまま。現地の方々の無事を祈ります。

コメント

トラックバック