台風18号、さらに強烈に(追記あり)2016/10/03


20161003-0900台風18号
台風18号は「非常に強い台風」クラスの勢力を保ったまま、南西諸島に接近しています。

左は本日9:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。赤点円は台風中心の直径1000km円です。また右下画像は気象庁サイトによる9:00時点の進路予報です。このクラスにしては台風直径が小柄ですが、中心付近の気圧は昨日より低く、9:00の発表では925hPaとのこと。台風の目がしっかり見えていて不気味ですね。

20161003-0900台風18号進路予報
5日頃までは暴風域を伴って移動するようなので、とりわけ南西諸島から九州、四国、中国地方のみなさんお気を付けくださいね。また台風から伸びる雨雲が関東や東北まで覆い、更には強い低気圧+前線が団体で東北・北海道に迫っています。全国的にお天気要注意の数日になりそう…。爽やかな秋晴れは当分先の事になりそうです。

20161003-1500台風18号
(16時追記)気象庁によると、15:00時点の台風18号は中心気圧を915hPaまで下げ、「猛烈な台風」クラスの最強な台風となりました。2016年発生の「猛烈な台風」としては1号、14号に続き3個目です。また現時点では、今年もっとも沖縄本島に近づいた台風となる見込みです。

20161003-1500台風18号進路予報
右は本日15:00の気象衛星画像。台風の目が不気味なほどくっきり見えていますね。15:00時点の進路予報(左図)では、九州・四国の全てと、大阪や兵庫辺りまで暴風警戒域が広がりました。これは上の9:00時点予報に描かれていませんでした。どうか大きな被害が出ませんように。

(19時追記)18:00時点の中心気圧は905hPa、中心付近の最大風速は60m/s、最大瞬間風速は85m/s。