今年二回目のダブル台風6号と7号2016/08/14


20160814-0900ダブル台風
二日前から台風予備軍として懸念されていた日本の南にある熱帯低気圧(関連記事)は、本日3:00に台風7号(CHANTHU/チャンスー)となりました。台風6号発生からちょうど5日後の発生です。また台風2号発生からたった21日しか経っていませんから、だいたい3日に1個のペースで台風が発生してることになります。驚異的な速さですね。

今回程度の発生密度はおおよそ数年に一度あります。ここ数十年の観測データから更に発生間隔が狭いものを幾つかピックアップすると、1988年14号から23号までが22日12時間のあいだに発生、1994年18号から26号までが22日6時間のあいだに発生、2004年11号から18号までが24日間に発生、2013年21号から28号までが22日12時間のあいだに発生、などが見つかりました。

20160814-0900ダブル台風
まだ台風6号は健在ですから、今年二回目の「ダブル台風」でもあります。台風6号はどちらのダブル台風にも関わっていますよ。前回のダブル台風5号・6号の解消は5号が温帯低気圧になった10日3:00ですから、わずか4日後に次のダブル台風ができたことになります。左上および右は今日9:00の気象衛星画像(画像元:NICTサイエンスクラウド/経緯線などは筆者)。赤点線は台風中心の直径1000km円。緯度の高いほうが6号です。台風7号の赤点線中心と雲の形状から推察できる中心とがずれている気もしますが、出来立ての台風の中心を決めるのは難しいのでしょう。

9:00現在、二つの台風の中心間距離(測地距離)は約1796kmで、前回のダブル台風5号・6号の記事の時点よりかなり近いです。ふたつとも日本に上陸するかも知れないコースを取っているようです。渇水状態のダムにはありがたいことですが、今週は警戒が必要ですね。

夕空の太陽柱と、貯水が減ってきたダム2016/08/14

20160814薄明光線
昨夜から今朝にかけても前夜同様曇っていました。今日午前中は青空の広がる時間もありましたが、太陽観察用の望遠鏡がやっと向けられる昼頃からまた雲が多くなり、結局太陽観察は欠測となりました。今週は曇りや雨の傾向が強まりそうです。

日没の1時間前ごろ、何度目かの空を仰ぎました。かなり夕方が早く感じ、金色に染まる夕焼けに秋を感じます。雲間から薄明光線が何十本となく飛び出し、美しい夕景を演出していました(左画像)。日中にも薄明光線のほか、淡い内暈も見えていました。

この画像撮影の5分ほど前には太陽柱も見えました(下画像)。ちょうど上の雲から出てきたところだったのですが、太陽下方にのびる太陽柱がはっきり見えました。太陽柱は上下に伸びており、写真にすると太陽そのものが縦長の楕円に写ります。これは実際の太陽が伸びるのではなく、太陽至近の太陽柱が眩しいために、太陽そのもの(露出オーバー)と混然一体になってしまうからです。(露出を切り詰めるとカラクリが分かります。)下右画像は太陽が雲に隠れた瞬間に撮ったもの。上に伸びる太陽柱が分かりますね。

  • 20160814太陽柱
  • 20160814太陽柱

【利根川上流8ダムの貯水状況・2016年8月14日15:00現在】
場所貯水量
(万m³)
貯水率
(%)
0:00からの
変化
下久保ダム4051.747.670.38%↓
矢木沢ダム5077.443.960.34%↑
奈良俣ダム4388.760.951.44%↓
草木ダム2914.395.550.12%↑
藤原ダム1274.486.752.92%↓
渡良瀬貯水池1181.996.881.04%↓
相俣ダム732.369.083.70%↓
薗原ダム129.943.305.37%↓
8ダム合計19750.657.50
(対平年値:70.37%)
0.59%↓

当地・茨城は全てのアメダスポイントで日最高気温が30度未満という涼しさでした。うーん、これくらいの陽気だととても過ごしやすいですね。気象庁の観測によると、真夏日(30度以上)のところは全国で539地点、35度以上の猛暑日となったのは129地点(17:00現在)でした。やはり西日本のほうが暑い傾向です。

利根川ダム統合管理事務所発表、今日15時現在の利根川上流8ダムの貯水状況は右表の通り。8ダム合計貯水量は8月3日以降2億m³を越えていましたが、今日からまた下回り始めました。ですのでしばらくブログにデータをメモします。

20160814利根川上流8ダム貯水量
左図は同管理事務所による8ダム合計水位の推移グラフ。8月に入ってダム状況はあまり話題に出なくなってますが、決して「既に解決した問題」ではないでしょう。

下表は同管理事務所がサイトに出している流域降水量推移を8月分までまとめ直したもの。比較として渇水のあった1994年、1996年、2013年も併記してあります。5月以降は平年と比べて、他の比較年に引けを取らない低さですね。2016年8月は14日0時までのデータですが、月の半分まで来たのにまだ平年の3.5割ほどですから足りません。本日発生した台風7号が降水をもたらすかも知れませんが、一時的なものなのですから大増水はあまり期待できないでしょう…。あと数千万m³程度水が溜まってくれたら、少しは安心できそうなんですけどね。

【利根川上流域の降水量状況・2016年8月14日0:00現在】
1月2月3月4月5月6月7月8月
2016年69mm
(160.5%)
36mm
(75%)
57mm
(85.1%)
104mm
(115.6%)
56mm
(47.5%)
156mm
(87.6%)
134mm
(67%)
71mm
(34.6%)
1994年27mm
(62.8%)
50mm
(104.2%)
52mm
(77.6%)
23mm
(25.6%)
139mm
(117.8%)
107mm
(60.1%)
104mm
(52%)
153mm
(74.6%)
1996年26mm
(60.5%)
35mm
(72.9%)
68mm
(101.5%)
47mm
(52.2%)
98mm
(83.1%)
117mm
(65.7%)
155mm
(77.5%)
78mm
(38%)
2013年43mm
(100%)
38mm
(79.2%)
20mm
(29.9%)
134mm
(148.9%)
46mm
(39%)
168mm
(94.4%)
152mm
(76%)
153mm
(74.6%)

  • 降水量は月ごとの合計(mm)です。またパーセント表示は平年比を示しています。
  • 平年値は2011年から2015年の平均です。