明け方の美しい星空にISSの通過2016/07/29

20160729-0300国際宇宙ステーション
大西卓哉宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)に乗り込んだ7月9日から早20日が過ぎました。数日前にはひと晩に4回もの飛行が見えるチャンスがありましたが、ガッツリ曇られました。でも今朝3:00前後に茨城上空を通過したパスは最高の眺めだったのです。

昨日梅雨明けした茨城県ですが、昨夜から雲が湧いたり、一面の星空になったりをくり返しました。ところが今日明け方は運良く雲が引き、そのタイミングでISSが飛んでくれたのです。東に月が昇っていましたが、下弦を過ぎていたので気になりません。かなり天頂に近いところを通過するので、広い視野が撮れる場所へカメラを担いで徒歩移動。周囲の街灯がなるべく写らないように全天カメラをセットします。

空はとても清み、まるで晩秋のような透明感。頭上から西空へ向かう天の川も良く見えていました。予定時間より少し早くISSを発見。
20160729-0300国際宇宙ステーション
夏の大三角を通り、頭上の秋の四辺形を横切るころには金星より少し暗い程度まで増光、南東の木々のシルエットに消えるまで全行程6分近くを眺めることが出来ました。

左上画像は15秒露出+5秒インターバルをくり返したもので、ISSは明るい点線状に写っています。また星の動きに合わせたガイド撮影はしませんでしたので、星座の星々は日周で短い線になっていますね。どこにどんな星があるかは右画像をどうぞ。終わってしまえばあっと言う間ですが、宝物のようなひとときです。帰りの道すがらオリオンが昇ってくるのも見えました。ペルセウス座流星群の走りのような明るい流れ星も見ることができました。

参考:
大西さん搭乗のISSが通過しました(2016/07/10)
国際宇宙ステーションの天頂通過(2016/07/11)


コメント

トラックバック