月を二度見る2016/07/23


20160723月
昨夜も相変わらず曇天でしたが、日付が今日23日に変わったころから雲が引き、2時台にはほぼ快晴となりました。南の空に月齢18の月が煌々と輝き、頭上を飾る秋の星座や涼しさも相まって、本当に秋空のような錯覚を覚えました。

左は3時過ぎの月。太陽黄経差は約215.12°、高度は約42.5°。南中を少し過ぎていましたが、あまり大気の揺らぎも感じられず、素晴らしい眺めでした。天文薄明は始まっていましたが、ひと頃よりも少し朝の到来が遅く感じます。アンドロメダやすばるを眺めていると、ほどなく雲がやってきました。望遠鏡を片付けたころには月も星も見えなくなりました。

20160723-1350気象衛星
ところで、7月8日の記事でお伝えしたように、この月は地球が半周ほど自転(=気象衛星が半周ほど公転)したところで気象衛星ひまわりの写野に入る可能性がありました。予想時刻前後の画像を調べると、唯一13:50の画像にギリギリ写っていました(右画像/画像元:NICTサイエンスクラウド)。ほんとうにギリギリで、見逃すところでした……。一日のうちの違う時間帯に(違う手法で)月を二度見ることができたのは、なんとも面白いことです。

コメント

トラックバック