やっと「ひとみ」に会えました2016/03/15

20160315X線天文衛星ひとみ
「ひとみ」さん、元カノじゃないですよ(笑)。機械です。人工衛星です。日本が2月17日に打ち上げたばかりの「X線天文衛星Astro-H」の愛称なんです。順調に飛行を続け、一週間ほど前から明け方に姿を見せていたのですが、時を同じくして連続悪天に見舞われてしまいました。

今朝は3時過ぎまで完全に曇っていましたが、30分もするとパーッと星空が広がってきました。今朝「ひとみ」が南天のさそり座を通過するのは4:40過ぎ。これはひょっとして間に合うかも…そう思って、近くの見晴らしよい場所まで機材を担いで歩きました。かなり透明度が良い空で、光害のある街中なのに天の川がうっすら見えます。

20160315X線天文衛星ひとみ
「ひとみ」は想像以上に暗くて肉眼でギリギリでしたが、てんびん座からさそり座にかけて東へ飛行する様子を何十秒か目視できました。(※掲載画像ではハッキリしませんが、元画像ではほぼ端から端まで写っています。)

白み始めた空。衝を過ぎた木星は西に低く、夏の大三角はもう東の空高く舞い上がっています。たった10日ぶりなのに、空はかなり模様替えしたかのように感じました。

コメント

トラックバック