明け方の「雪月火」2016/03/01

20160301月と火星
昨日は明け方からときおり小雨が降り、茨城全域に強風と雷の注意報が出ました。夜になっても強く降る時間帯があったようです。今朝3時頃に起きてみると、雪が積もっているではありませんか。約1週前の2月25日の雪と同程度ですが、湿雪だったのかガチガチに凍っていました(右下画像)。

空は3:30頃から急速に晴れてきて、月と火星の接近を眺めることができました。左画像は4時頃の様子。段階露光合成により月の模様から微光星まで写し取ってみました。

20160301雪
一番明るいオレンジの星が火星です。最接近の約1時間前ですが、ほぼ最接近ですね。両天体の離角は約2°50'です。月には光環らしきものが見えていましたが、雲は全くなかったので花粉光環と思われます。もっと濃かったら雪月火+花(粉)となって見た目にも美しかったかも知れませんが、花ならぬ鼻に辛そう…。この頃には風速7m/s前後の風が吹き、肌が凍り付きそうでした。それでもやはり自然は美しいものです。

参考:
アーカイブ:天体の接近現象一覧

コメント

トラックバック