明け方の彗星ふたつと準惑星ふたつ2016/02/11

20160211パンスターズ彗星(C/2014S2)
昨夜、宵の口まで吹いていた強風も夜が更けると収まり、穏やかな夜となりました。少し透明度は悪いものの、星がとても綺麗です。夜半過ぎから今朝方にかけて準惑星の移動(後述)と、彗星をふたつ観察しました。

ひとつ目の彗星はパンスターズ彗星(C/2014S2)。

20160211パンスターズ彗星(C/2014S2)
夜半前に低くなってしまうカタリナ彗星(C/2013US10)に代わって、明け方の北空高く良く見える彗星です。2時方向に伸びる尾のほかに、11時方向へ伸びる尾が分かります。ひとまわり暗いけれどミニ・カタリナ彗星とても言えるような姿ですね。当地のような光害あふれる場所ではなく、良い空で観察してみたいものです。

20160211ジョンソン彗星(C/2015V2)
もうひとつはジョンソン彗星(C/2015V2)。2ヶ月ぶりに撮影しましたが、現在も16等前後であまり変化はなく、尾も相変わらず写りません。2017年初夏にかけて6-7等星くらいまで増光するかも知れないと言われていますが、まったく素振りを見せませんね。来年の今頃にやっと10等台になる予定のようです。

周囲を見るといくつもの銀河が写っていました。ここはきりん座のエリアですが、おおぐま座付近に密集する銀河団のほとりです。

さて、昨日の記事にも書きましたが、準惑星マケマケとハウメアの撮影にチャレンジしています。今朝で三日目ですが、今朝の夜空のコンディションは三日間の中で一番良かったようです。マケマケ(約16.9等)やハウメア(約17.3等)のような所有機材の限界近くとなる暗い星を撮るには、「ただ晴れていれば良い」と言う訳にはいきません。透明度やシンチレーションが良くないと背景に埋もれてしまうのです。昨日記事同様に下画像で三日間の移動を確認できます(画像下のボタンで切り替えられます)。各画像中央近くにいますので、準惑星探しをお楽しみください。






参考:
ジョンソン彗星(C/2015V2)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2016/02/11

20160211太陽
朝から良く晴れています。今日は風もほとんどなく、穏やかな日です。左は11:45頃の太陽。大気の揺らぎがひどくならないうちにもう少し早く撮りたかったのですが、時間が取れませんでした。

20160211太陽
活動領域12497が中央に差しかかってきました。ここを中心に明るい部分が川のように東西へ蛇行していますね。プロミネンスは相変わらず目立つものがありませんが、左やや下に小さく明るめのものが吹き出していました。

今夕は三日月未満2016/02/11

20160211_03742月
昨夕に続き、今夕も晴れて美しい空です。風もなく穏やかな夕暮れ時、昨日より高いところに月がかかっていました。

左は18時過ぎの撮影で、太陽黄経差37.42°、撮影高度は25°あまりです。少し高くなって大気の揺らぎの影響は少なくなりました。以前の記事に書いた「ダブル・フンボルト」を探しましたが、縁ギリギリにあるにはあるけれどハッキリ確認できない状態です。(探す目印となるエンデュミオンとペタヴィウスは良く見えてます。)

月齢は2.77なので三日月未満。でも昨日や今日のような形の月を「三日月」と言ってしまう方も多いでしょう。「細い月」という意味で三日月という言葉を使う場面にたくさん遭遇します。明日午後からは天気が崩れる予報ですから、夕空の月は見えないかも…。星空観察も今夜までで、いったん休憩になる見込みです。

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差36度以上、72度未満)