カタリナ彗星が回転花火銀河M101に大接近2016/01/17

20160117カタリナ彗星(C/2013US10)
昨夜はその前夜より雲が多く、曇天は今日明け方まで続くかも知れない予報でした。ところが前夜よりも早く3時過ぎから晴れてきて、本日に地球最接近を迎えるカタリナ彗星(C/2013US10)を拝むことができました。それまで2度くらいのまま変化がなかった気温が一気に氷点下になったのにはビックリしましたが…奇跡のような晴れ間に感謝です。

とは言っても実は透明度が悪く、くすんだガラス越しのような星空でした。なんとか星は導入できますので、回転花火銀河M101に大接近中のカタリナ彗星を一網打尽にすることができました。

20160117カタリナ彗星(C/2013US10)

20160117カタリナ彗星(C/2013US10)
左画像の画角は約5.3°×3.5°、上方向が天の北方向で、恒星位置基準の合成処理です。また右下画像は文字解説入り、および白黒反転です。昨日の撮影よりも彗星と銀河が近くなってますね。 高度があるとは言え光害+透明感のない空で背景が明るく、淡い銀河や彗星の尾を浮き立たせるのはひと苦労ですが、なんとか銀河の腕の巻き具合やイオンテイルが画像右縁まで届いていることが確認できます。(※恒星基準の合成のため、彗星は移動によって光が薄まってしまい、特にイオンテイルははっきりしません。)

明日もまだ銀河近くに彗星が輝いていることでしょう。明日こそ雨や雪が降る予報なので当地茨城での観察は無理そうですが、晴れている地方の方はぜひご覧くださいね。また今夜からは茨城以北の緯度で計算上カタリナ彗星が周極星となります。まだ夕方側では高度が低すぎますが、来週後半には多くの地域で一晩中いつでも彗星探しができます。ただし今後カタリナ彗星は急速に暗くなりますので、お早めにどうぞ。

参考:
カタリナ彗星(C/2013US10)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2016/01/17

20160117太陽
朝のうち晴れていましたが、日が高くなるにつれて薄雲が広がり始めました。早めに太陽観察をすることにしました。

左は10:20過ぎの太陽。活動領域12480の黒点はもうリムに届きそうです。

20160117太陽リム
太陽全体は静穏に向かっているようで、かなりのっぺらぼうになりました。ただ、よく見るとプロミネンスがチラホラと見えて期待を持たせます。

この観測の後、急速に曇ってきました。今夜から明日一日は雨や雪、風が強くなる予報です。