薄雲越しにカタリナ彗星を観察2016/01/08

20160108カタリナ彗星(C/2013US10)
昨夜は雲が多く、なかなか星が姿を現しませんでした。今朝4時前後に少し晴れ間が出たので、薄雲越しながらカタリナ彗星(C/2013US10)を観察しました。

日に日に北上しているカタリナ彗星。あと10日もすると日本の多くの地域で周極星(一晩中沈まない天体)となります。

20160108カタリナ彗星(C/2013US10)
左画像はここ数日と同じ機材で、500mm+APS-C、画角は約2.7°×1.8°、上方向が天の北方向で、彗星の移動に併せて合成処理しています。また右画像は左画像の白黒反転です。何度か淡い雲の通過があったので、星の軌跡が途切れている部分があります。少し感度を上げ気味に撮ってみましたが、今日のイオンテイルはそれなりに写ってくれました。南向きに大きく湾曲するダストの尾がとても立派ですね。

参考:
カタリナ彗星(C/2013US10)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2016/01/08

20160108太陽
夜明けまで雲が多く、金星も月も見えませんでした。日が高くなるとゆっくり青空が広がりましたが、薄雲が流れています。

左は11:20頃の太陽。ほんの少し雲がありました。

20160108太陽リム
概ね昨日と同じような表情で、西端の大きなプロミネンスはまだ見えていますね。各活動領域はおとなしくなってしまいましたが、右下の小さくて明るい領域が目立っていました。

2016年で日の出がいちばん遅い日は…2016/01/08

★ブログ内で「日の出・日の入り」や「暦」をテーマに取り上げた関連記事・アーカイブは別ページにリストアップしています。日出没時刻やその最早最遅日は年や場所で変化しますから、記事日付をよく確認の上ご覧ください。

2016年・日の出最遅
最近夕方に外出から戻るとき、わずかに日暮れが遅くなったなと感じます。ただ冬至と今日とを比べると、実は昼時間(日出から日没まで)そのものは日没の変化同様に変わったわけではありません。それは、日の出が逆に遅くなっているからです。

昨日間に合わなくて記事にできませんでしたが、2016年1月7日は当地・茨城県で一番日の出が遅い日でした。今冬で日没が最も早かったのは2015年12月6日(当日の記事はこちら)でしたが、1ヶ月経ってようやく日の出も最遅日まで達したのです。

2015年・日の入り最早
全国的にはどうでしょうか。12月6日の記事に倣って地図化してみました(左図/伊豆・小笠原諸島は計算していません、あしからず)。当地・茨城の1月7日を基準に各県ごとの日の出最遅日との差を色分けしてあります。これを見ると「日の入りがもっとも早い日(右下図)」と全く逆で、北の地域ほど「日の出が最も遅い日」は終わっていて、東京を含む中緯度域は本日8日、四国や九州以南は明日以降となります。(各県ごとの具体的な日付を計算したい方は記事末尾の参考ユーティリティをお使いください。)

計算結果には誤差がありますし、あくまで県庁所在地での計算結果をその県の代表値としているため面積のある県では正確ではありませんが、おおよその傾向をお分かりいただけたでしょうか。今後しばらくは日の出が早く+日の入りが遅くなり、ぐんぐん日が延びます。

※念のため書いておきますが、上地図は日の出時刻の比較ではありません。日の出が最大(=最遅)の日の「日付の比較」です。

参考:
ユーティリティ「日出没の最大最小」


ベランダから富士山への日没を見る2016/01/08

20160108富士山に沈む太陽
我が家のアパートベランダから見えた今日の日没です。混み入った景色ですが、すっかり葉を落とした桜の木々を通して富士山に沈む太陽を見ることができます。この時期良く晴れることが多いので、偶然が重なって起こる小さな奇跡を楽しんでいます。

この場所からダイヤモンド富士になるのは明後日くらいでしょうか。来週はお天気が崩れ気味の予報ですが、2、3日はもつかな?