夜明け前の月を楽しむ2016/01/03

20160103_27601月
昨夕から今朝にかけては雲ひとつなく晴れました。ただ昨日日中の気温が高めだったせいか、湿気が結構残っていました。透明度は落ちていて、結露や霜も多めでした。

夜明け前、4時少し前に月を撮影しました(左画像)。太陽黄経差276.01°、撮影時の高度は40°弱です。大気はかなり揺れていて、星が瞬いています。見た目は綺麗なのですが、月撮影には酷でした。でもまぁ、思っていたほどひどい画像にはならなかったかなと思います。

嬉しかったのは、この月の撮影でアーカイブ「月の形」のページのひとつがやっと埋まったことです。全10ページなので先は長いけれど、なかなか埋められない位相がやって来ると嬉しいものですね。

20160103おとめ座θ星の掩蔽
今日の月はもうひとつ楽しみがありました。おとめ座θ星の掩蔽です。4.5等星の二重星(多重星?)とのことで、月への潜入から出現まで夜明け前に見ることができる絶好の条件。潜入は月が明るすぎてよく見えなかったけれど、暗出(暗い側からの出現)はくっきり見えました。ただ前述のように空気の揺らぎが大きくて、二重星らしい見え方だったかは不明です。(コンディションが良い空だと、二重星の出現は段階的に明るくなる様子が分かります。)右画像はなんとなく撮った動画のキャプチャ。出現の瞬間のフレームです。概算ですが時刻は4:34:59でした。

月を楽しみつつ、さらに傍らの別機材でカタリナ彗星(C/2013US10)を撮影しました。今朝は気合いを入れていません。というのも月が30°ほどしか離れておらず、しかも透明度が悪いのでカブリ気味になること間違いなしだからです。月のためスカイフラット取得もままならずゴミも写ってしまい、良い画像になりませんでした。でもひ貴重な記録なので下に載せておきます。機材は180mm+APS-C、画角はおよそ7°×5°、上が天の北方向、彗星位置基準で合成、下右画像は下左の白黒反転画像です。彗星の下にある輝星は離れつつあるうしかい座のアルクトゥルス。一応しっかりしたダストテイルと細々としたイオンテイルが分かりますね。

  • 20160103カタリナ彗星(C/2013US10)
  • 20160103カタリナ彗星(C/2013US10)

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差252度以上、288度未満)
カタリナ彗星(C/2013US10)に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽は一番大きい2016/01/03

20160103太陽
今朝、地球が近日点を通過しました。つまり、今日の太陽は一年で一番近くて、大きく見えます。朝から良く晴れて、絶好の観察日和です。

左は11:40過ぎの太陽。活動領域12473はリムに到達したのにまだ明るく見えました。

20160103太陽リム
また左側の12476と、その左側に光球面が避けたような地割れ(?)的な明るい領域が見えました。なかなか面白いです。プロミネンスは昨日よりおとなしく、活動領域12473に伴う右下部分が明るく見える程度ですね。

太陽遠近比較
さて、近日点と遠日点とで太陽直径はどのくらい違って見えるでしょうか。去年の遠日点(2015年7月7日)の太陽視直径を1とすると、計算上で今日の太陽は約1.0339倍大きくなります。残念ながら去年の七夕は天気が悪かったので、一番近い観察日である2015年7月10日の画像と比べてみました(右画像/原画になるべく近い状態で比較)。もちろん使用機材は同じです。結構違うものですね。

画像から測定した大きさの比は約1.0359倍。太陽の縁が分かり辛いことと、機材は同じでもわずかなピントずれやアイピースの収差などで像に差が生じますから、この程度なら良い結果と言えるでしょうか。

今年の遠日点通過は2016年7月5日。今日から太陽は次第に遠ざかり、見かけが小さくなってゆきます。

曇った夕空に明るい幻日2016/01/03

20160103夕方
当初今日の天気予報には微塵も曇る要素は無かったのに、いざ時が経つとご覧の有様。午後から出た雲が結構厚くなっています。でも夜半までには晴れそうで、今夜ピークのしぶんぎ座流星群はバッチリ見えそうですよ。

左は16時過ぎの南西の空ですが、日没約30分前のこの空をよく見ると幻日が見えています。

20160103幻日
いちばん明るくなった頃の拡大画像が右です。とても明るくて、全体が夕日色にシフトしていますね。これは太陽左側の幻日ですが、右側も薄く見えていました。残念ながら電柱にほとんど隠されていて写真は撮れませんでした。でもお正月に二日続けて観察できたなんて、本当にありがたいことです。