カタリナ彗星のイオンテイル2015/12/07

20151205カタリナ彗星(C/2013US10)
カタリナ彗星(C/2013US10)の尾は12月5日に劇的な変化があったようです。最初に知ったのは星仲間のSHELLさんが撮影した画像でした(HPはこちら)。イオンテイルが大きくうねったり、千切れたりする様子を見事に捕らえていました。

私も同日に撮影したのですが、たまたま機材組み合わせのテストを兼ねていたので、通常の画像処理ではうまく尾が取り出せませんでした。その後二日かけて丁寧に処理し直したのが左画像です。なんとか尾が見えるようになりました。

20151205カタリナ彗星(C/2013US10)
このカラー画像を白黒反転したのが右です。彗星頭部から右に向かって流れるイオンテイルは、前日まで頭部近くが一番濃く見えました(例:12月4日画像)。でもこの画像では流れが「のろし」のように細く複雑に波打ち、彗星から遠いところでまた濃くなってコブを作っていますね。

更にもっと分かるように、擬似カラー処理も施してみました(下画像)。黒矢印のところは背景斑ではなくイオンテイルがコブになったところ。矢印位置から右へ向かってうねった太い流れが見えます。

20151205カタリナ彗星(C/2013US10)擬似カラー
彗星頭部から矢印までの間も直線的でなく、幾度も波打ったり途中で見えなくなってますね。彗星も自転しますから、その周期がイオンテイルの波を作る可能性もあるでしょう。また、頭部からは右方向に別の流れが出ていることも確認できます。私は撮影全シーンを一枚に合成してしまいましたが、前述のSHELLさんは細かく時間ごとに分けて、尾の形状が短時間で変化する様子も紹介しています。

カタリナ彗星は変化に富んでいて、実に面白いですね。

参考:
カタリナ彗星(C/2013US10)に関係する記事(ブログ内)

金星探査機「あかつき」がんばれ!2015/12/07

20151207暁の金星
2015年12月7日、まもなく5:00を迎えます。東の空には月と金星が並び、近くにはスピカやカタリナ彗星がいました。今朝方は雲が多く、この光景が見えるか心配でした。雲越しですが何とか見えて良かったです。

さてご存じの方も多いでしょうが、あと4時間足らずで金星探査機「あかつき」が金星周回軌道への再投入に向けたエンジンを点火します。Wikipediaにもありますが、「あかつき」は気象衛星「ひまわり」に似て、金星の気象を重点的に観測する探査機です。5年前の2010年5月に打ち上げられ、同12月7日(今日と同じ日)に金星周回軌道へ移行する予定でした。

ところが機体トラブルでエンジン破損。軌道投入は失敗に終わりました。以降、太陽の熱に脅かされながらも、軌道再投入のチャンスをうかがっていたのです。それがまさに今日。ワンチャンスなので、「週始めはミス多いから明日にしようよ」なんてわけにはいきません。日本の宇宙開発技術は世界的にも優秀だと思いますが、必ず成功するとは限りません。研究開発は莫大な予算が使われますが、技術向上や発展は本来お金とは無縁で、違う次元のもの。育児や学費にお金をつぎ込んでも、失敗なく皆同じように優秀な人が育つわけでないでしょう。努力が必ず報われる保証もありません。先日の「はやぶさ2」は今のところ成功のようですが、初代「はやぶさ」も失敗の連続でしたね。

20151207暁の金星
最後に地球へ戻れたから美談になりましたが、もし戻れなかったら今ごろほとんどの人の記憶に残ってないでしょう。

例え失敗しても貪欲に前を向いて諦めず歩き続けることそのものが、人を夜明けへ導くのだと思います。注目度も関係ない、成功譚かどうかも関係ありません。結果だけしか見ないような薄っぺらい向上というのはあり得ないです。これは、自分が大病を患い、治る見込みは限りなくゼロですが毎日必死でリハビリをしている立場になってようやく分かってきたことです。

「あかつき」は機体疲労が激しく、燃料も今回限り。成功して欲しいですが、失敗しても悔いなく暁に向かって飛んでほしいです。

20151207昼間の金星
※今日と明日は月と金星が比較的近いので、昼間に月を使って金星を見つけるチャンスです。もし良く晴れていて、午前中に青空の月を見つけることがあったら、近くの金星も一緒に探してみてください。詳しくは下記参考リンクをどうぞ。
→(追記)見えました!
※左は11時前に手持ちコンデジで撮影。肉眼でもちゃんと見えました。

参考:
アーカイブ・昼間に月と金星が近い日
JAXAあかつき特設サイト(外部サイト)

今日の太陽2015/12/07

20151207太陽
昨夜は雲が多く、星はあまり見えませんでした。今朝も雲が残りましたが、日が高くなる頃までに快晴となりました。

左は10:40過ぎの太陽。この時間でも太陽は30度しかなく、気流の影響を受けやすいですね。太陽面は概ね静穏ながらも、東に出ている活動領域12462-12464が明るく目立っています。

20151207太陽リム
黒点が期待ほど大きくならず残念ですが、まあこんなときもあるさ(笑)プロミネンスは大きいのがありませんが、よく見ると左や左下のリムにかなり遠い位置の残骸が見えますね。突発的な吹き出しでもあったのでしょうか?

美しい夕空と小さな幻日2015/12/07

20151207夕方
午後に湧いてきた淡い雲が美しい夕暮れを演出してくれました。当地では今年いちばん日の入りが早いのが昨日でしたが、1日から9日まで日没時刻が分の単位まで変化しませんので、今日も「いちばん」ですし、明日も「いちばん」(笑)。昨日曇って見えなかった分も夕空を楽しみました。

それにしても絹のような雲はどうしてこんなに美しいのでしょう…いつまで見ていても飽きませんね。違う様相の雲が折り重なりあう様がまた良い。所々に飛行機雲が混じるのも良い。

夕暮れを見ていたら、超低空の幻日を見つけました(右下画像中央)。

20151207幻日
太陽は雲に隠れていましたが、幻日は太陽と同じ高度ですので推測できます。11月21日にも似た状況で幻日が見えましたが、二週間以上過ぎる間に太陽の道のりが南寄り移動し、幻日も南寄り(向かって左)にずれているのが分かりますね。

急に冷えてきました。今夜も雲が取れればきれいな星が見えそうです。