明日は金星と木星の最接近!2015/10/25

20151025明け方の惑星
昨夜は宵のうちすごい湿気で、それが月明かりで照らされて明るい夜となりました。日付をまたぐ頃から風が強まったため少しずつ湿気が流れ、月が沈んだ3:00時頃にはかなり透明度が良くなりました。ただ、大気の揺らぎは最悪に近い状態でした。

左は4:00過ぎの三惑星。木星が金星寄りになり、下に写っている火星が寂しそう…。レンズは曇っていませんが金星の回りにハロが見えるので、上空に見えない雲があったのでしょうか。右下画像は少し望遠レンズで撮ったもの。今朝はとてもよく微光星が写りました。

20151025明け方の惑星
双眼鏡ではちょうどこの右写真くらいに見えますが、生の星景はほんとうに美しいですよ。どれほど言葉を重ねても表現できませんね。できるだけ多くの方に実際の空をご覧頂きたいです。いよいよ明日には三惑星が最小の範囲に納まり、かつ金星と木星が最接近を迎えます。

20151025パンスターズ彗星(C/2013X1)
惑星が昇ってくる間に、彗星をひとつだけ撮りました。天頂付近に輝くパンスターズ彗星(C/2013X1)です。23日以降、ペルセウス座に場所を移していました。秋の天の川から少しだけ離れたため、背景の星々が以前より少なくなっています。相変わらず扇状に広がった尾が良く見えますね。来年には大化けするでしょうか?縦断している線状の淡い光は人工衛星と思われます。

20151025_小惑星2015TB145
もうひとつ、昨日の記事で取り上げた小惑星2015TB145の検出も試みました。強風での機材震動や大気の揺らぎで星が肥大しており、撮影当初は写っていないと思われました。その後3日ほどかけて画像の再修正と複数星図での確認から、画像▲マークの星が小惑星と判明しました。この画像では17等前半の恒星が確認できますが、小惑星はこの時点で同程度の17等前半と思われます。

参考:
2015年10月-11月明け方の惑星接近に関係する記事(ブログ内)
アーカイブ:多天体の接近現象(3天体以上の会合の日付)
アーカイブ:天体の接近現象(2天体会合の日時・離角)

今日の太陽2015/10/25

20151025太陽
朝から良く晴れていますが、風速5m-8m/hと風が強いです。左は10:30過ぎの太陽。大気の揺らぎが激しくて、冬の撮影みたいなボケボケの像となりました。目立ったフレアは無いものの、黒点をはじめとして一通り見て楽しめる景色が広がっていますね。

20151025太陽リム
昨日まで見えていた左の大きなプロミネンスはほとんど光球面に入りました。右リムにはチョコチョコッとしたプロミネンスが可愛いですね。下のほうに広がっているフィラメントっぽくないダークな部分は何でしょうか?気になります…。

今夜は豆名月です2015/10/25

20151025十三夜
今夜は十三夜。中秋の名月から一ヶ月足らず、まだ満月になりきらない「後の月」です。今夕は透明度が高く、赤紫に染まるビーナスベルトの中に昇ってきたのが左画像の月です。

真ん丸ではないけれど、不思議に人気がある十三夜の月。色々な魅力が語られますが、私は「薄暮時間との絶妙なコンビネーション」がすばらしいと思っています。

満月時は日没と共に月が昇ります。だからよほど開けた場所でない限り、風景で月が注目を浴びるころにはとっぷり暗くなってしまいます。でも十三夜は日没前に顔を出し、薄暮の間にあちこちから見えるくらい昇るのです。最初は目立たなかったその光も、夕闇と共にみるみる明るく際立つダイナミックさ。この全過程が見られる一番堂々とした月齢が十三夜の頃だと思うのです。

薄暮の月ゆえに、両立させつつ写真に写すのはとても難しいでしょう。空が明るすぎても、逆に月が明るすぎても収まりよくありません。何十年撮ってきても満足行くものが撮れません。今日も早々に諦めましたので(笑)、後で暗くなってからアップして撮ることにします。しばし、お月見をしながらお団子でもほおばるとしましょうか…。まだご覧になってない方は、片見の月にならないよう空を仰いでくださいませ。

今日の月(夜半前)2015/10/25

20151025_15300月
と言う訳で(どんなワケ?…笑)、深夜前の23時過ぎに豆名月を撮影してみました。太陽黄経差153.0°、撮影時の高度は50.5°ほどです。

雲もなく、風もほとんど止んでいました。透き通った南空に浮かぶ十三夜。とても美しいです。この月夜を、いったい何人の方々が見あげたのでしょうね。

今夜は冬のように冷えてきて乾燥しています。おかげで大気が揺らいでいますが、昼間より幾分落ち着きました。明け方の惑星たちも素晴らしい眺めとなるでしょう。


参考:
アーカイブ:月の形(黄経差144度以上、180度未満)