大雨です2015/09/10

20150910明け方の雨
宇宙ではここ数日は磁気嵐が起こっていて、各地でオーロラが盛んに見えているようです。9月5日記事に書きましたが、CMEやフレアが時々見られますから太陽活動が気になるところ。

それはともかく、今は地上の嵐のほうが大変ですね。台風18号は昨夜21時に温帯低気圧となりましたが、台風通過で前線が活発化したのか、各地で大雨となっています。ここ茨城も昨夜はずっと雨脚が強く、時々雷鳴も激しくなりました。左は午前3時30分の屋外。夜間ストロボで撮影すると雨粒が大量に光り、大雪のようですね。

20150910-0300-24h積算雨量

10日3:00時点の24時間積算雨量(画像元:防災情報提供センター)

大雨洪水警報はずっと出っぱなし。茨城県西地区を中心に土砂災害警戒情報も発表されています。

お隣の栃木県では全域に大雨特別警報が出ています。24時間積算雨量を見ると県の大部分が真っ赤(右図)。今朝3時時点の気象庁アメダスデータでは大部分のポイントで「観測史上最大値」または「9月の観測史上最大値」を記録していました。隣接県も同様で、茨城や福島、埼玉などいくつかの地域も同じ結果です。しかもまだ強い雨が続いていますから記録は更新されてしまうかも知れません。災害がないことを祈ります。


(8:00追記)当地茨城県全域にも7時台に大雨特別警報が発表されました。といってもなすすべ無しです。幸い自宅は高台なので、ここまで水が来るなら関東の大部分が水没してると思いますが…。それから栃木県と茨城県を流れる鬼怒川を6時前までライブカメラで監視していたのですが、目を離したすき(6:30頃)に氾濫(越水)が起こりました。下は7:50頃のライブカメラキャプチャと7:00の水位状況です。(データ元:国交省・下館河川事務所サイト・リアルタイム情報)普段は河岸で遊べるようなところですが、海みたいになってます…。

  • 20150910_0750鬼怒川ライブカメラ
  • 20150910_0700鬼怒川テレメーター水位

鬼怒川が氾濫しました2015/09/10

20150910西空のヘリコプター
心配された雨が上がり、わずかな雲間から夕方の青空が見えました。まだ夕焼けの色がわずかに残る西空の低空に、少なくとも6機のヘリコプターが飛んでいます。そう、鬼怒川の氾濫現場は我が家から直線距離わずか15kmなのです。暗くなってきたのに、まだ救助活動や報道活動が続いているのでしょう。隣街には陸上自衛隊の基地があるので、頻繁に往来するヘリが現場の慌ただしさを伝えています。こんなに悲しい思いで夕空を眺めるなんて…。

茨城は午前中から大雨特別警報が出ていました。県西を流れる鬼怒川の増水があまりに異常で、6:30には越水の一報。最終的には注視していたポイントで氾濫危険水位をなんと2.8m近く上回りました。そして12:50、ついに堤防が決壊。その光景は東日本大震災の津波のように感じました。なお現時点でどこにも情報が見当たりませんが、堤防決壊地点をGoogleMapでポイントするとここ(川の東側)です。これ以外にも越水はあちこちで起こっています。

後ほど、このブログでもデータを集めて記録しておこうと思います。(→追記:こちらにまとめました。