今朝も国際宇宙ステーションが美しい2015/08/01

20150801国際宇宙ステーション
今朝も国際宇宙ステーション(ISS)がよく見えました。昨日のパスに比べると早い時間(3:05頃)だったので薄明の影響が少なく、画像処理がとても楽でした。反面、西空には満月が煌々と輝き、宇宙ステーションが月光で消えないよう撮影する条件を探すのに手間取り、変な設定のまま撮影開始時刻が来てしまい…。軌跡が奇妙なインターバルになってしまいました。まぁ一応記録として残しておきます。どこになにが写っているかは右下の画像を参照してください。

20150801国際宇宙ステーション
夏休みの記念などでお子さんとISSを撮影したいとお考えの方も多いでしょう。お使いのコンパクトデジカメでシャッター速度が5秒-30秒程度の長い設定ができるもの、あるいは夜景を撮影できるようなモードがあれば利用できます。もちろん三脚は必須です。………でもその前に!星座を覚えましょう。空を“測る”感覚も身につけましょう。昨日も紹介したように下記サイトなどで空のどこに飛ぶかは分かります。でも探せない(アタリを付けられない)方が多いのです。便利な携帯アプリもありますが、人として生きる能力の一部を確実に失っちゃうと思いますよー。いやホント。

見上げた空に三つ、四つの星座が分かれば芋づる式に様々な楽しみ方が増えるのですから。夕涼みに10分の星空散歩で十分。毎日くり返すことが大切で、一年も経てば立派に進化を遂げているでしょう。勉強とかダイエットとか貯金とかペットのしつけと同じ事です。星空を自分のものにしてくださいね。

参考:
JAXA・「きぼう」を見よう
…「きぼう」とはISS日本モジュールのことです。
Heavens-Above
…ISSを含む様々な人工衛星やイリジウムフラッシュがいつどこに見えるか分かります。最初に観察地を設定しましょう。

コメント

トラックバック