月による花粉光環と木星の衛星現象アーカイブ公開2015/03/02

20150302木星と光環
今夜みっつめの話題。 昼間の太陽記事で花粉光環が見えたとお話ししました。であれば、明るい月が出ている夜も…と思い、見てみました。今夜の月は木星の近くに出ています。21時の月齢は11.5。あと4日で満月ですから明るいはずですねぇ。左画像で明るい星が木星です。月はわざと屋根に隠してあります。どうでしょう、見えますか?

20150302光環
肉眼では、ひと目で分かるほどの花粉光環が見えました。太陽と違って安全に見ることができます。今夜は薄雲が所々にあって、氷粒による光環ではないのかとも疑うのですが、花粉光環の独特の見え方は氷粒のものと違います。長年見ているとどちらによるものか何となく判断できますね。右は少し拡大強調した画像です。赤環の三重目まで何となく分かるでしょう。条件良く撮影すれば木星や金星でも見えるのかな、と思いました。そのうちやってみましょう。

星仲間のかすてんさんによると、今月の夜空は木星の衛星現象以外めぼしいものはないとのこと。衝を1ヶ月過ぎて、衛星相互食も半分以上終わってしまいましたね。おもしろい衛星現象を見逃さないよう、前々から自分のために計算しメモしていた衛星現象一覧を本日アーカイブに仕上げました。期間が広くはないし、全現象が載っているわけでも無いですが、誰かのお役に立てるならと公開しておきます。先日記事にした木星三つどもえの観察や、木星面を複数の衛星の影が通ることはあるか?といったことも、ここから算出できるでしょう。趣味レベルの精度ですが、よかったら下記リンクからどうぞ。

参考:
アーカイブ:木星の衛星現象一覧
2015年春の木星や衛星、衛星食、相互食に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽2015/03/04

20150304太陽
昨夜から今朝まで、結構な強さの雨が降っていました。午前中には回復し日差しもありましたが、薄雲が常に太陽に貼り付いて、なかなか撮影させてくれません。結局16時少し前、だいぶ低くなった太陽を撮ることになりました。立派なダークフィラメントやプロミネンスが見えていて、撮らずにはいられない表情だったのです。

今日は昼からの気温がとても高く、近くのアメダスポイントでは15時に16.7度を記録しました。朝に過ぎた寒冷前線が大きく風向きを変えたおかげですが、前線に吹き込む強風は夕方になっても続いています。

金星と天王星が大接近2015/03/04

20150304金星と火星
夕方すこし薄雲がかかり始めましたが、金星が見えていたので、いつものように惑星たちを撮ってみました。火星はもうかなり離れてしまいましたね。次に金星と火星が出会うのは11月初旬の明け方の空です。そのころの明け方はたくさんの惑星たちが集っていて、とても豪華ですよ。(こちらの記事後半に説明あり。

20150304金星、火星、天王星
代わって、今日は金星と天王星が大接近しています(右)。最接近は明日明け方4時前ですが、その時点で金星も天王星も日本では見えません。きっと日本の反対側の人々が楽しんでいることでしょう。

20150304金星と天王星
さらに拡大して撮ってみました。左写真は天の北を上向きにしています。(上2枚は天頂が上向きです。)金星が眩しすぎて望遠鏡によるゴーストがひどいですが、なかなか豪華な眺めですね。画像右の月は同じ望遠鏡で撮った今夜の月ですので、金星と天王星の近さが分かるでしょう。今年見られた金星と火星の時や、金星と水星の時も同じように月と比較していますので、比べてみてください。

今夜も月のまわりには盛大に花粉光環が出ていました。20時の時点では空全体の雲も多くなっています。天気の安定しない春の空でした。

参考:
2015年2月の金星と火星の接近に関係する記事(ブログ内)

今日の太陽と花粉光環2015/03/05

20150305太陽
今日はアップロードが遅くなりましたが、午前中10時台に太陽を見ていました。昨日目立っていたダークフィラメントは少し弱まっています。右上のプロミネンスが少し目立ちますね。この位置は2日ほど前にMクラスのフレアが出たところではなかったでしょうか。

そして昨日心配したとおり、今日は盛大に花粉光環が見えました。雨上がり翌日に晴れて気温が上がると、花粉症の方にはきついですよね。私も患者予備軍なので今日は辛かったです。下はベランダの物干し竿で太陽を隠して撮っています。太陽の花粉光環を観察したい方は、くれぐれも遮光を怠らないでください。カメラで撮るだけでも高熱になるので機器を傷めることがあります。

20150305花粉光環
ご覧のようにスギ花粉の光環は縦長の楕円になるようです。この画像を測ってみるとだいたい縦が1割ほど長くなっています。長くなる割合は時間(太陽の高さ)によって変わるという方もいます。これは実測して統計を取ってみたいネタですね。

昨夕から広がった雲は一晩中晴れることはなく、今日も昼過ぎまで晴れただけで夕方にはすっかり雲に覆われています。雲の向こうでは惑星たちがいろいろ空を飾っていることでしょう。

花粉光環RGB分解
【補記】特に興味のある方向けです。今日の花粉光環画像をRGBに分解してみました。各色は全体の強弱がほぼ同じになるよう補正してます。実際はベースに青空があるので、青や緑プレーン全体が明るくなってます。花粉の回折によってできる輪っか(エアリーパターンの集合体?)の直径が各色で異なっているのが分かりますか?

花粉光環RGB比較
0次(中心の明るい○)や1次(そのすぐ外の明るい楕円)の環を比べてみましょう。赤に比べて青はより小さいですね。回折での曲がり方は波長が短い青側ほど浅い、つまり直径が広がらないということです。上で分からなければ、半分に切って直接並べた右画像なら分かるでしょうか。色が違うと輪っかは完全にズレていますね。この違いが光環のカラフルさを作り出すわけです。

花粉光環RGB合成
この状態の三原色が組み合わさったものを私たちは「虹色の光環」として見ていることになります。もちろん実際は虹の順番がくり返すようには見えません。理由は上述のように各色の直径変化からすぐお分かりいただけるでしょう。たまたま虹の順なのは最初の環のところだけで、外に行くほど青の環は赤に追い越されながら混色して、色の順がゴチャゴチャしてしまうのです。

左は上の赤緑青をもう一度まとめたものです。正確ではないけれど青空が抜けたような補正となっているので、光環が分かりやすいでしょう。画像処理ができる方は別途青空を撮影し、光環画像から青空画像を減算することで近いものが作成可能です。よく見ると五重目の赤の環まで確認できますが、このあたりになると光環ではなく、画像処理過程で発生してしまったコントラスト強調によるマッハバンドの可能性も否定できません。肉眼では花粉が濃い日でも三重めがやっとです。いろいろ美しく楽しい光環のお話しでした。

参考:
午後に花粉光環がクッキリ(形に関する記事・2016/03/15)