薄雲越しに金星と火星が見えました2015/02/24

20150224金星と火星
一日雨がちだった昨日の続きで、今日も曇りの一日。晴れる予報はなかったけれど、午後は少し薄日が差しました。そして17時半頃から西空を中心に晴れ間が広がってくれました。晴れ間とは言っても上空の淡い雲は取れていませんが、金星と火星は良く見えます。これ幸いと、18時過ぎに左の写真を撮りました。

最接近日から二日過ぎ、とうとう逆転して金星が上に、火星が下になってしまいました。今日の幅は1度程度でしょうか。まだ1週程度は接近の余韻に浸れそうです。お月さまはすっかり離れて、はるか上空に輝いています。あと二日ほどで上弦の半月になります。

参考:
2015年2月の金星と火星の接近に関係する記事(ブログ内)

今日の月2015/02/24

20150224_07462月
宵からの薄雲は軽減しましたので、予定していた月を撮影しました。透明度がとても悪かったので、あまり高度が下がらないうちにと、予定時刻を少し早めています。20:15撮影、太陽黄経差74.64度、高度は37度弱です。この時期にしては落ち着いた大気でした。

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差72度以上、108度未満)

ラブジョイ彗星が二重星団のそばを通過2015/02/24

20150224ラブジョイ彗星と二重星団
曇り予報でしたが取りあえず晴れてくれたので、そそくさとラブジョイ彗星(C/2014Q2)を撮る準備をしました。透明感が全く無い上に月が出ている空なので大げさな機材は使わず、軽望遠レンズで二重星団とのツーショットを狙いました。カシオペア座に向かっているラブジョイ彗星はちょうといま二重星団の近くにいるのです。(フレーミングミスで、上下左右は東西南北に揃っていません。)

20150224ラブジョイ彗星と二重星団
かつてプレアデス星団と並んだ頃とは比べるべくもなく、現在この彗星は二重星団よりふたまわりも小さい写りですから、ツーショットと言っても貧相です。天体の場所は右の白黒反転でご確認ください。こんな透明度の低い夜でも短い尾が分かりますね。光害のない良い空で見た実際の尾は、二重星団までの距離の半分くらい伸びているようです。しばらくは星団近くをゆっくり移動してゆくので一緒に楽しめますが、向こう10日間くらいは月がかなり明るいです。

参考:
ラブジョイ彗星(C/2014Q2)に関係する記事