夜明けには土星が南中2015/02/21

20150221土星
明け方起きてみるとすごい霜でした。昨日の雨で地表近くの湿気が増したのでしょう。夜明けの星は落ち着いていて、とても美しく見えました。

あたりがすっかり白む6時前に、さそり座に輝く土星が南中しています。試しに撮影してみましたら、やはり冬場独特のぼやけた感じ。それでもいつもよりは穏やかな印象です。東の超低空には夕空から移ってきた水星も見えました。

今夜からまたお天気が下り坂のようです。週に2、3日しか快晴がなくなってきたのは、もう季節が春だからなのですね。明け方はキューッと寒いけれど、日中の暖かい日差しが気持ちを解かしてくれます。

今日の太陽2015/02/21

20150221太陽
午前中、少し雲が出ています。最近こういう日が多いですね。カメラの調子もすこぶる悪く、しばらくは小さい画像で表示します。画像は11時過ぎの太陽で、とても静穏のようです。

今日の月(夕方)2015/02/21

20150221_03347月
金星や火星に接近したばかりの月です。17時半過ぎ、夕空の薄雲越しの撮影でした。太陽黄経差33.47度、高度は29度ありました。三日月にはまだ半日ほど早く、ややスリムな印象ですね。

参考:
アーカイブ:月の形(黄経差0度以上、36度未満)

最接近前日の金星と火星、そして月2015/02/21

20150221金星、火星、月
夕方まで雲が多く、悪天に向かっているのは確実みたいでした。明日22日の金星と火星接近はまず見られないでしょう。それどころか今日も怪しい…そんな思いで夕暮れを待ちました。日が沈む頃はかなりの雲量でしたが、波はあるものの雲が引いているようでした。結局淡いベールのような雲はどきませんでしたが、厚めの雲は通り過ぎ、月や金星、火星を無事眺めることができました。

左画像でぼうっとしている月の下の明るいのが金星、金星のすぐ右斜め上の暗い星が火星です。

20150221金星、火星、月
月は昨日と比べると高くなっていて、金星たちとは上下が逆になりました。昨日より3天体が近いので、かなりクローズアップできます。APS-C+140mmでぴったり。今日は日中に火星や金星それぞれと月が大接近したはずでした。夕方になり少し離れたというわけです。(いつものフォーマットによる今日の月はこちら。)

火星が見え始まる頃は地球照(月の影の部分が淡く光る)がとてもきれいでした。明日は金星・火星の接近もあるのですが、月と天王星の接近もあります。

20150221金星と火星、月との比較
同じ望遠鏡で月の大きさと、金星・火星間を比べてみました。金星・火星間のほうが若干広いですね。明日はこの半分くらいまで近づくのですが……お天気が…。明日22日の接近時は1月に接近した金星・水星間より近くなります。詳しくはアーカイブ:天体の接近現象一覧をどうぞ。

さらに金星を拡大して撮ってみました(下)。卵のような形で笑っちゃいますね。画像右側は天文ソフトStellarium によるシミュレーション。実は金星、満ち欠けをするのです。卵みたいなのは光が全面に当たってなかったからでした。(ほぼ全面に光が当たっていた2014年11月4日の画像はこちら。)

20150221金星
今後の金星は6月上旬頃に半月状、7、8月は三日月状に変化し、8月14日の内合を迎えます。チャンスがあれば定期的に形の変化をご紹介しましょう。なお火星もわずかに満ち欠けします。今日の火星は金星の3分の1ほどで、時間も無かったので拡大撮影はしませんでした。

このあとラブジョイ彗星や木星三つどもえの観察を予定していました。今夜からの天気崩れは約1週間続くというので、悪天に追いつかれないよう時間との闘い!結果は順次アップしてゆきます。

参考:
2015年2月の金星と火星の接近に関係する記事(ブログ内)
2014年-2015年の金星拡大撮影(ブログ内)