進化した人工衛星予報サイト2014/11/29

heavens-above
国際宇宙ステーション(ISS)やイリジウム衛星を空で探すとき欠かせないのが予報サイトです。古くから利用していてた「Heavens-Above」という海外サイトを見ていたら「ISS Interactive 3D Visualization」という見慣れない項目が。なんと、いつの間にかWebGLを取り入れた飛行シミュレーションが表示できるようになっていました。実際は滑らかなムービーなのですが、キャプチャして紹介しますね。

左は11月29日朝のフライトより。ちょうど沖縄上空で太陽が見えました。なんというリアルな太陽…画面左に九州も見えます。残念ながら雲の様子は分かりませんね。

heavens-above
太陽電池パドルの反射、リアルすぎます。画面をドラッグするとISSをグリグリと回せます。好きな方向からISSが見られます。地球の夜側に入るとISS全体が赤く表示されて、ナイトモードと分かりますよ。(もちろん実際は赤く光りません。)星も表示されてますが、実際の配列かどうか確認できていません。

heavens-above
太陽電池に近寄ると、ちゃんと太陽方向に合わせてどんどん動いてるのが分かります。リアルタイムですよ。すごい!ここでのWebGLは動画表示能力を遺憾なく発揮してるので、とても臨場感あふれるシーンを楽しむことができます。願わくば「任意の時刻に地上からどう見えるか」をワンクリックで再現して欲しい。それができれば天体面通過時の形がどうだったか分かりますよね。

heavens-above
おまけ。JEM(日本実験棟:名称は「きぼう」)を拡大すると懐かしいNASDAの文字。筑波宇宙センターで実物見たのは何十年前だったでしょうか…歴史を感じます(下の補記参照)。ノードをはさんで反対側はesaの欧州実験モジュール「コロンバス」。

このサイト機能、何かに使えそうですが、今のところ実時間の表示だけのようなので、鑑賞以外は思いつきません。何ができるかなぁ…。WebGL表示はモダンブラウザ最新版しかできませんし、処理の遅い機器だと止まったりクラッシュすることもあるのでご注意くださいね。しばらくは近場でISS天体通過が見えないようなので、これ見て楽しむとします。いつまでも見飽きない楽しいひとときでした。

補記:気になったので調べたら2001年10月20日でした。(何十年も前じゃなかった…笑)筑波宇宙センター一般公開で見せてもらったJEMの実物です。まだデブリや宇宙線防護の外装はされていません。真ん中は暴露実験に使われる部分。奥に人がいますので大きさが分かるでしょうか。左写真の右下にも人がいます。この後2003年にアメリカへ送られ、2007-2009年にかけてISS軌道上での組み立てが行われました。
20011020JEM
20011020JEM
20011020JEM

参考:
アーカイブ:ISSの天体面通過

月面Xが見えました2014/11/29

月面Xの日を迎えましたが、朝から全国的に荒れ模様。当地、茨城県も昼前から雨となり、一時とても激しく降りました。でも日没近くになったら奇跡的に青空が!南の空には上弦の月が白く輝き始めていました。モヤが立ちこめており、お天気が持つかどうか分かりませんでしたので、明るい内から観察を始めました。

20141129月面X
案の定、18時には雲のような霧が空を覆い始め、18時半過ぎには完全に月が見えなくなりました。左画像は16:40過ぎから18:30頃まで、約30分おきにどうにか撮った画像を組み写真にしたもの。左から右へと進行します。少しずつ欠け際が変わっていくのが分かるでしょうか。

拡大するともっと分かりやすいので、月面中央から下(南側)にかけての明暗境界を切り取って並べたのが下の画像です。真ん中に位置する月面Xがだんだん日なたに出てくるところでした。でもXじゃなくて「火」ですね…。上部の大きなクレーターも、中まで日が差し込む様子がよく分かります。ちょうど「朝」を迎える所なんですよ。X全体が明るくなるまで追いかけたかったけど、見えただけでも良しとしましょう。次回は来年2月26日、平日の昼過ぎです。見えるかなぁ?(条件最悪でもよければ、今年12月29日正午前とか、来年1月27日22時過ぎとかもあります。どちらも超低空…)

20141129月面X


参考:
月面Xに関係する記事一覧(ブログ内)