秋空の皆既月食2014/10/08

涼しくなった秋空で皆既月食が見られました。前回の皆既月食は2011年12月10日でしたから、3年近くの間がありました。夜中近くの現象だった前回に比べ、今回は21時半過ぎには欠け終わりを迎え、小さなお子さんでも楽しめたのではないでしょうか。

太陽や星々、そしてもちろん月も、毎日の日周運動で東から西へゆっくり回っています。それと同時に月は周りの星々に対してゆっくり東(右)へ動きます。おまけに地球の影も西へと動きますから、月食の場所は非常にややこしい移動となります。左上画像は地球の影に対する月の動きを並べたもの。こうすると見えなかった地球の影が浮かび上がりますね。

皆既月食中は右下画像のように満月が赤黒く減光します。よく赤銅(しゃくどう)色と表現されますが、工芸品などで赤銅を見たことが無い方はピンときませんね。色が近いのは新品の10円硬貨(青銅)でしょう。

月食の色は大気の成分によって随分変化します。例えば火山灰などのチリで大気が汚染されると、とても暗く色あせたようになります。逆にとても明るいこともあります。明るさや色を正しく記録しておくと、大気の汚れ具合が分かるかも知れません。(参考:ダンジョン・スケール)デジタルカメラにはホワイトバランスという機能がありますが、これをオートにしないで撮影すると良いでしょう。

今回を含め、これから2025年までに見られる皆既月食を表にしてみました。時刻は茨城での計算です。皆既月食は全行程が見られるとは限りませんし、皆既の時間幅も毎回異なります。条件が悪いものもありますが、お天気に恵まれ、多くの方に感動が届きますように。

参考:過去も含めた長期間の皆既月食一覧はこちら。
日付 2014年
10月8日
2015年
4月4日
2018年
1月31日
2018年
7月28日
2021年
5月26日
2022年
11月8日
2025年
9月8日
最大食分 1.175 1.008 1.325 1.166(月没時) 1.019 1.367 1.371
欠け始め 18:14 19:15 20:48 3:24 18:44 18:08 1:26
皆既食の始め 19:24 20:52 21:51 4:29 20:08 19:16 2:30
食の最大 19:54 21:00 22:30 4:41(月没) 20:18 19:59 3:11
皆既食の終り 20:25 21:08 23:08 20:29 20:42 3:53
欠け終り 21:35 22:45 0:11 21:53 21:49 4:57