アーカイブ:月面Xの一覧1970/02/06


2011年から2020年までの上弦近くで「月面X地形」が見え始まる目安の日時一覧です。5年ごとに一覧を分けてあります。


※下弦側についてはこちらの記事をご参照ください。

《アーカイブ「月面Xの一覧」の概要》

月面X現象は科学的観測価値が高いものではないけれど、「月面の名所巡り」として楽しめる現象です。Xへの光の当たり方は刻々と変化するため、月が見えていれば数時間にわたって楽しめます。特に上弦側では時間帯をかなり過ぎて全体が明るくなってからも、「どこがXだったか」と謎解きを楽むことだってできます。一覧表の時刻にあまりこだわらず、様々な楽しみ方を見つけてください。

X地形の見え始めは、月面上でX地形に太陽が差し込む高度に左右されます。(注意:地球での太陽高度と勘違いしないようにしましょう。)いわゆるピークの時刻は「X全体に太陽が当たっているけれどベースの地面まではまだ届かないのでX形が暗闇に浮かんで見える」ような時刻です。X地形での太陽高度と見え方の関係はおおよそ下表の通りです。

条件見え方の目安
太陽高度-2.0°付近X地形にそろそろ太陽が差し始める頃です。見え始めの瞬間を写真に撮りたい方は撮影を開始しても良いでしょう。-1.5°頃までは光量が少ないため、撮影感度を上げる必要があるかも。
太陽高度-1.5°付近X地形の一部に太陽が当たり始めてます。始めは暗いので低倍率の眼視では気付けないかも知れません。十分目を慣らしてチャレンジしましょう。
太陽高度-1.0°付近まもなくXの形が完成します。この頃には眼視でもすぐ見つけられるでしょう。一般に-0.8°前後がピークと言われるようです。
太陽高度-0.5°付近Xの形が完成しています。高度0°を超すくらいまでだんだんXの線が太くなってゆく感じで、やがて周囲にも光が差すようになります。
※計算基点は月面東経0.75°・月面南緯25.1°(Xの真ん中付近)としました(2015/10/5改訂)。改訂以前と比べ、同じ太陽高度でも時刻が数分程度異なる場合があります。どこを計算基点とするかという議論は本質的に意味が無いので、ここでは触れません。

一覧には太陽高度-2.0°から0.0°まで0.5°刻みに算出した時刻を掲載しました。現象時に月が昇っているかの判定はしていませんが、便宜上時刻に応じて水色:12時から18時まで(昼から夕方)黄色:18時から23時まで(夕方から夜)、および灰色:それ以外(月は沈んでいる、または低い)に分けました。なお、日をまたぐものは30時間制(例:27:00=翌朝3:00)表記です。

太陽高度以外にも観察者からの月高度や天候、機材コンディションや体調などで見やすさが左右されます。月の出没時刻や高度はみなさんの観察位置で計算しましょう。良く見えるかどうかの判断は主観が入る余地もあるため、あとはみなさんがご判断ください。データの主計算はCalSkyサイトで行い、自作プログラムによる変換や補正を加えました。少々の誤差があり得ますので、あくまで趣味の参考程度でお願いします。手作業で表をまとめてますので誤植があったらご連絡ください。

リファレンスに戻る
月面Xに関係する記事(ブログ内)

コメント

トラックバック